キャリアアップの第一歩 看護主任の役割

看護主任は看護師長の一つ下の役職で、看護師として10年程度のキャリアを持った人が就ける役職です。主任になると役職手当がつき、給料面でも優遇されます。

主任の活躍の場は多岐にわたります。
看護師長を補佐しつつ業務を行い、職場の運営・看護単位の管理にたずさわります。スタッフ間での意見を聞いたり、病院の方針を伝えたり、現場の問題点を上司に伝えたりと橋渡し的役割もあります。
スタッフの支援、看護学生や研修生への学習看護研究を看護スタッフと共に行ったりします。スタッフの個々の行動傾向やコミュニケーションの傾向を分析しながら関わり、看護単位の看護方針や業務量を把握する必要があります。
さらに、自己の能力を高めて看護スタッフの模範となることも、期待される職位です。

他にも、以下のような役割があります。

  • 看護単位の運営状況を把握し、スタッフに認識させること
  • 看護案の方針、目的・目標をスタッフに徹底させ、目標を達成すること
  • 資源を有効に活用して看護単位を運営できること
  • スタッフの役割モデルとして、創造的に看護を実施し、評価・改善を図れること
  • 様々な社会資源を活用して継続看護を自ら実践し、スタッフにも指導できること
  • 互いに啓発できる職場づくりの確立
  • 看護の倫理を自覚させて行動に移せること
  • 看護研究を推進し、スタッフを支援しながら自身も研究を行うこと
  • 事故防止に努めながらスタッフを教育や指導を行い、事故発生時には適切な対処で行動できる

主任というのは、看護師長より看護師に近い役職です。看護師と同じ様にに患者を受け持って看護することはかわりません。スタッフが気持ちよく充実した仕事ができるように調整を行い、仕事がしやすい環境(人間関係、設備、環境など)をあらゆる視点から観察して整備することが重要です。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ