現場のトップ総看護師長の役割とは?

病院やクリニックなどの場合、総看護師長が現場のトップという位置づけです。総師長、総婦長などと呼ばれます。一般的な会社でたとえると部長クラスです。
経験年数や保持資格など高い看護レベルを持った方がこの職に就きます。

看護師の人事
担当看護単位の運営方針の決定
各種計画立案
看護サービスの提供責任者として業務を行う
新人看護師の指導や求人募集
といったさまざまな業務の責任者です。

特に病院では、院長がいて病院の運営を事務部長他に診療部長がいて、院長の補佐をしています。現場のトップという事から発言力や影響力も高く、院長同様にその責任も重いものです。

総看護師長は、給与が高い分、担う役割や責任も大きくなりますが、実際に求められる仕事内容やスキルは病院・クリニックによってばらつきがあり、統一された情報がないのが現状です。

患者さんに適切な療養環境を提供することはもちろん、療養生活を見据えた看護を絶えずすることを特に総看護師長には求めれることになります。 

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ