中間管理者の看護師長の役割とは?

 総看護師長の一つ下の役職が、この看護師長になります。総看護師長と同様に、病棟の看護の質を保障すること、そして絶えず改善しながら各看護師が十分に力を発揮していける環境作りをして、サポートすることも念頭になければなりません。忙しい看護師長ですが、 スタッフの間での意見を集めたりと常日ごろから、細かい情報を集めることで連携につながります。

 看護師長に求められる仕事内容としては、以下のようなものがあります。

  • 職員の能力開発の支援と人材の育成
  • 創造的に看護が実践できる職場環境・風土作り
  • 中間管理者として病院経営に積極的に参画し、看護部門の方針に基づき看護単位の方針や目的・目標を明確にして目標を達成する
  • 看護単位を効率的に運用するための組織体制の整備
  • 質の高い看護サービスを継続的に提供し、評価・改善する
  • 地域社会と連携して、社会資源を活用しながら継続的に看護サービスを提供する
  • 看護職員の健康管理を支援する
  • 病院の使命や役割の推進と危機管理
  • 看護研究の推進と支援
  • 看護師長の特性や看護管理者の望ましいあり方の意識を確立

 スタッフに必要事項を伝達して理解を図り、協力を得られるよう努めることが期待されます。また、現場スタッフから意見がある時には耳を傾け、重要度に合わせて上司に報告、連絡、相談を行います。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ