准看護師とは?

 准看護師と正看護師の大きな違いは「免許交付者が誰か?」という点です。准看護師学校(准看護師養成所)か看護高等学校を卒業後に都道府県知事の試験に合格すると准看護師の免許が取得できます。

 准看護師は看護師と仕事内容はほぼ同じですが、准看護師は看護師の指示を受けて看護すると定義されています。

 医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦(じょく婦)に対する療養上の世話、診療の補助をなす事を業とする者のことで、看護師が国家資格免許なのに対し、准看護師は「 都道府県知事免許」となっています。

准看護師になるには中学卒業後に目指す場合

【 ・高等学校衛生看護科を3年間通学・准看護師試験に合格する】と

中学卒業後に目指す場合

【・准看護師学校を2年間通学・准看護師試験に合格する】と

高校卒業後に目指す場合

【・准看護師学校を2年間通学・准看護師試験に合格する】

があり、社会人から准看護師になるには准看護師学校からのスタートになります。

一般に看護師養成所に入るためには、准看護師としての勤務を続けながらという条件にしているところがほとんどです。

 准看護師の求人募集は多く、その求人募集先は、一般病院や診療所など、各種医療機関や老人福祉施設など様々です。看護なら病院施設・・・と思い浮かべますが、看護師職の活躍の場は非常にバラエティーに富んでいます。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ