高齢者介護や障害者介護施設などの関連施設での勤務

看護師の職場というと、真っ先に病院を思い浮かべる方が多いと思うのですが、実は施設という選択肢もあります。最近の世相を反映して、勤務先として最近増えてきているのが、関連施設への勤務なのです。

施設といっても高齢者介護施設や障害者介護施設などです。看護師の職場としてはあまり知られていないようですが、実は転職先としてもお勧めできる職場なのです。

関連施設は色々な種類があります。
例えば介護施設。介護老人ホームや障害者施設といった、介護を目的とする患者の方が入居している施設をいいます。
現在、日本では高齢化が進行しているため、高齢者のための介護施設が増加傾向にあります。それと共に介護施設での求人も増え、ケア要員に併せ看護師の需要も高まってきているのです。入居されている方の日々の検診などのケア、緊急時の対応など、専門家としての活躍を期待されています。

介護施設には介護福祉士や理学療法士など、看護とは別の分野で働く方々もたくさんいます。その方達と連携を図りながら、入居されている方が居心地のよい空間を提供するよう、日々の総合的なケアを行わなければなりません。
看護師として看護の分野から知識や技術を提供することもありますが、病院などに勤めるよりは精神的にも肉体的にも負担が軽くなるので、一度勤めるとずっとそこで勤務するという方が多いようです。

高齢者施設や障害者施設では入居者や患者さんのお世話はほとんどが介護福祉士が行っています。こういった施設での看護師の仕事は日常的な健康管理や状態が変わった場合に対処・応対となります。もちろん看護師なので医療行為を行うことは出来ないので、普段とは違う状態になった場合には即座に病院に運ぶなど、日常的に病院と連携を取ることも重要な仕事となります。介護福祉士と協力し合いながらの仕事になるので、コミュニケーションを上手く取れる方が向いています。

その他の関連施設としては学校や企業、保健センターといった民間の施設があります。
特に最近増加しているのが企業での需要です。一般企業では、社内に看護師の方を常駐させて社員の健康管理に力を入れているところが多くなっており、そうした求人も増えてきています。また、医薬品メーカーの臨床試験の監督、エステなどでの緊急時の対応要員としても看護師の需要が高まっており、様々な場所で医療の専門家である看護師の活躍が期待されているのです。
地域の保健センターでも、地域の方々の健康診断や献血のために看護師を必要としています。

こうした関連施設に勤務する場合、病院などよりも更にコミュニケーション能力を必要とされます。これは病院のように疾病のある方ではなく、一般の方々が相手となるためです。特に介護施設の場合は高齢者相手が多くなるので、そういった方との人間関係を上手く築いていくことが重要なポイントとなります。また、豊富な医療知識よりも豊富な臨床経験が求められる職場だといえるでしょう。容体が急変した時にはどのように対応するのか、臨機応変にやっていける方が望ましいです。それ故に全く初心者で施設に勤めるというよりは、病院やクリニックなどである程度経験を積んでから転職といった形の方が良いと言えるでしょう。求人などの条件にも経験者と書かれていることが多いので注意が必要です。
施設に入居しているのは高齢者や障害者といった人の手助けを必要とする方なので、優しい気持ちで思いやりを持って接することも重要となります。そのため、面接などで性格や人格などを評価されることもあります。

また関連施設ではありませんが、訪問看護も最近注目されている転職先の一つになっています。
訪問看護は在宅で介護を受けている方の元を訪れ、点滴や投薬などの治療、定期的な検診を行うというものです。医療行為については医師の指示の元で行うことが出来ます。ただ、患者さんによっては指示以外の症状が現れていることもあるので、施設勤務の看護師の方よりも緊急時に臨機応変に対応できる経験と知識が必要となります。

在宅介護の人口も最近は増加しているので、こちらも看護師の転職先としては候補の一つとして挙げておくと良いでしょう。

こうした関連施設などでの勤務の場合、基本的には日勤のみで残業や夜勤は無く、カレンダー通りに休みが取れるので、プライベートを優先したいという看護師の方にお勧めです。施設での求人はハローワークなどよりは、施設に直接問い合わせた方が良いでしょう。1人辞めたので1人補充するといった形で求人が出されることが多いので、施設で働きたいと希望した時点から転職活動をはじめましょう。また、新しい施設が建つ時にはまとめて募集されることもあるので、地域の施設などに注目しておくと良いかもしれません。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ