大学病院での勤務

看護師としてのキャリアアップを考えているのであれば、大学病院への勤務が一番お勧めです。専門的な分野を研究していることもあり、より高度な知識と技術を学べる環境が整っているのです。

総合病院などとは違い、大学病院には様々な症例の患者さんが訪れます。
一般の総合病院では診断しきれなかった方が、最終的な検査や診断を行うために来たり、他病院で治療が難しい場合でも、最新の医療設備が整っている大学病院で治療を行ってもらえるなど、最新医療が整っているためです。

看護師として大学病院に勤務する場合、働く方のスキルも問われることになります。
ある程度の臨床経験のある看護師でなければ受け入れてもらえなかったり、新人の看護師の場合、求人自体が出ていないこともあります。

そのため、大学病院で働く看護師の方の年収は、他に比べると比較的高いと言われています。専門的な知識や技術を必要とされることや、ハードな仕事が多いことなどが理由に挙げられます。給与面や待遇面においても他の病院に比べると良いのです。また小さい子供がいる人のために院内に保育所が併設されているなど環境が整っていることが多いです。
もし収入面を考えて大学病院を勤務先に選ぶのであれば、仕事内容や勤務形態についても十分に理解しておくようにしましょう。

大学病院で働くことの問題点としてあげられるのが、一般の病院から大学病院に転職を希望する時には割とスムーズに出来るのに、大学病院で働いていた看護師が一般の病院やクリニックに転職をしようと考えると案外難しいという点です。大学病院の看護師というとそれだけでブランドのような感じに思われるのですが、実際に働いてみるとスキルが低かったということもあるようなのです。総合病院などでは一人の看護師が何人もの患者を受け持つことがありますが、大学病院では看護師の数も多いので看護師一人に対して担当患者一人といったことも多く、手が回らなかったり、テキパキとこなすことが出来ないといった問題もあるようです。大学病院からの転職を希望する方は一般の病院の職場環境をよく調べた上で面接を受けた方が良いかもしれません。

大学病院でいざ働きたいと考えた時にふと考えるのが特別な資格が必要なのかという点です。大学病院という場所は大学に併設されているため、教育も行われています。ですが、看護師として働く上で必要なのは看護師免許だけであって他の特別な資格というのは一切必要ないのです。しかし、大学病院によっては正看護師でなければならないという基準もあるようなのでしっかりと調べてから面接を受けるようにしましょう。

勤務先として大学病院を選ぶ場合、まずは求人を探さなければなりませんが、一般の求人誌や求人サイトでは募集していなかったり非公開になっていることが多いようです。求人情報はハローワークや求人情報雑誌などにも掲載されますが、看護師の就職支援サイトなどを利用した方がより自分の希望に合った職場を探すことが出来ると思います。また、看護師専門の人材紹介会社を利用すれば登録しておくだけで条件に合う転職先があればどんどんと紹介してくれますし、面接も有利に進めることが出来ます。

大学の看護科を卒業した方は、そのままその大学病院に就職するということが多いようです。しかし、他の大学を出ていたり、大卒でなくても、経験や知識さえあれば大学病院で働く事は可能です。
いざ面接を受けることになった時には自分のアピールポイントをまとめ、簡潔に話すことが重要となります。面接時にはその人の人柄等を見ることになるのではっきりと自分の意思を伝えられるかどうかという点も重要になってきます。
看護師としてどんなことができるのか、またどんなことをしていきたいのか、自分の看護観と、看護師としての経験を伝えるようにしましょう。

大学病院に行けばそこから専門看護師や認定看護師とキャリアアップする道も開けます。看護師として更なる高みを目指して行きたいという方には、とても向いている職場であると言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ