病院での勤務

看護師の勤務先として、一番に思いつくのが病院ではないでしょうか。
一般的に病院というと総合病院などの大きな病院を指すと思います。

病院での看護師の仕事は通院患者と入院患者の両方のケアになります。入院患者は24時間体制でケアが必要となるので、看護師自体も24時間体制の勤務となります。総合病院で看護師として勤務する場合、病床数にもよりますがほとんどは交代勤務です。交代勤務は2交代制か3交代制に分かれていて、多くは3交代制となります。3交代にしても2交代にしても夜勤があるのはどちらも同じです。日勤から夜勤に代わる際には引き継ぎが行われ、担当患者の様子などが伝えられます。

病院に入職する際は、まずは始めにどのような勤務形態になるのかを確認しておくと良いでしょう。

看護師は医師の指示に従って患者のケアを行いますが、病院の場合には手術に入ることもありますし、基本的に医師と二人三脚といったイメージになります。

病院を勤務先にする場合、収入面はかなり安心できると言えます。しかし、交代勤務という不規則な職務をこなさなければならない事と、利用者が多いので勤務時間中はずっと気を抜けないという、精神的にも肉体的にもハードな勤務となってしまいます。また、サービス残業を強いられたり、有給休暇があるのに思ったように休めなかったりといった問題もありがちです。中には看護師不足でなかなか休憩も取れず、過労で倒れてしまったという方もいます。

看護師として一番始めに就職するのは総合病院が多いと思うのですが、病院から病院へと転職を希望する看護師の方も多く、上記のようなハードな勤務形態に加え、職場環境や人間関係が課題となってしまうことが多いようです。大きな病院になればなるほどそこで働く人の数も多くなります。看護師同士はもちろん、医師や薬品会社関連の方とのコミュニケーションも上手に取っていかなければならないのです。それ故に大きな病院で働く方の中には人間関係が上手くいかないという悩みを抱え、転職を希望する方も多くいます。

収入面にいたっては、安定して収入を得ることができますし、病院で働けば日々進化する医療の知識を即座に吸収できるというメリットがあります。日々勉強といった感じにはなりますが、色々な科目を扱っている分知識や経験の幅も増えスキルアップを目指す方にとってはよい環境だと言えるでしょう。しかし待遇の面で見ると、残業が多い、残業代が出ない、有給が思ったように取れないなど、こちらも人間関係同様に病院勤務の看護師の方の悩みの大半を占めているようです。

最近では入職前に、職場を見学できるという所が増えてきています。
見学に行った際に、看護師と医師のやり取りの様子を見たり、患者さんに対する態度を見たりするなどして職場を客観的に判断することが出来るので、もし見学ができる所があれば積極的に行ってみる事をオススメします。
また、患者さんの数や病院内の環境によっても、その病院の善し悪しというのが判断できると思うので、転職前にはその面もしっかりと見ておくようにしましょう。

現在多くの病院が看護師不足に悩まされています。勤務先として病院を選ぶのは、そういった意味ではとても有利だと言えるでしょう。よほどの事が無い限り、不採用になるという事は無いのではないでしょうか。面接の際にはしっかりと自分をアピールするようにしましょう。
看護師不足の現状を理解し、自分が看護師としてどれだけ奉仕できるのかという点を重要なアピールポイントとして、勤務を考える病院へ伝える事が大切です。

働き方は正社員だけでなく、派遣社員やパートといった形を選べる病院もあります。正社員ではなかなか自分の都合ばかりにはいかないかも知れませんが派遣社員やパートであれば勤務時間帯を選べるので小さなお子様がいても安心して働けるのです。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ