勤務先の色々

看護師派遣の単発バイトの求人情報を探そう

ずっと同じ所に勤務したくはない、しばらくは時間の空いたときだけ仕事を入れたいという方は、看護師派遣の単発バイトを探してみてはいかがでしょうか。

求人情報が各種情報サイトに多数掲載されています。
勤務先の種類としては以下のようなものがあります。自分にあっていそうな単発派遣の現場を探してみて下さい。

病棟夜勤バイト

オーソドックスな夜勤のバイトです。あまり忙しくないところが多いので、比較的楽な仕事だと言えます。

救急外来

救急外来はハードな仕事になることが多いですので、覚悟して応募しましょう。

特別養護老人ホーム・デイサービス

老人ホームは意外と体力を使います。入居している老人の数に対して看護師や介護士を含めた職員の数が足りていないことが多いためです。
痴呆状態の患者さんも多いですから、気をつかうこともあります。

訪問看護・入浴介護

患者さんの自宅に訪問して看護する業務です。移動が多いのが特徴で、歩合を含めた給料体系になっていることが多いです。

巡回検診・健康診断など健診センター

特定の時期だけ忙しいので、そのときに単発のバイトが募集されることがあります。繁忙期にあわせてまとめて単発のアルバイトをして稼いでみてはいかがでしょうか。

年齢やライフスタイルに応じた勤務先・職場

大学病院、総合病院、診療所、デイサービス、クリニックなどの医療機関が大半を占めますが、介護施設、保健所、保育所、一般企業でも、看護師の職場はたくさんあります。

女性の場合は、男性と違って、年齢や、ライフスタイルによって、就職先が限定される場合が出てきます。

新人や、ブランクのある人にとっては、教育や研修の制度が組み込まれている施設。

結婚、出産、育児などで、正職員や正社員としてフルに働けない人にとっては、託児所付きや、夜勤がない、短時間の労働が認められているなどの条件つきOKの施設。

ベテランで、専門知識や経験が豊富な人は、大規模の専門病院や、管理者として働ける施設。

という具合に、その人に合った働きやすい環境の就職先を選ぶ必要があるでしょう。

病院の場合、その規模や、診療科の種類や、看護師の人数によって、働く条件が違ってきますから、同じ病院といっても、そこから条件をつけて絞って探す必要が出てきます。

今では、インターネット上にも看護師の求人情報を載せた就職、転職サイトがたくさんあります。いろいろな条件を指定して検索することもできますので、就職先を絞り出すには大変便利です。

看護師として働くフィールドは大変広いので、自分の働きたい条件に合う就職先を、いかに効率よく探すのかも、就職活動や転職活動の大きなポイントになるでしょう。

男性看護師の就職先はどのようなところか

看護師の求人情報を見ると、男性限定、女性限定の募集は、男女雇用機会均等法によりほとんど見られません。でも実際は、男性看護師はどの施設でも雇用されているものなのでしょうか。とても気になりますね。

これまで男性看護師は、病院の中でも、病棟や診察室ではなく、
人工透析室、手術室、中央材料室、精神科病棟、ICU、救命救急室などの専門性が高く、気力、体力をより必要とするところで、多く活躍していました。

だから、一般の人と接する機会の多い、クリニックや診療所、病棟などで、男性看護師を見かけることもあまりありませんでした。最近では、看護師を目指す男性には、看護そのものにやりがいを感じて志望する人が増えていたり、また、女性に負けないくらいの細かい気配りができる男性も増えています。

看護師の資質として、男女の差があまり感じられなくなっています。
看護学校でも今では男性看護師の卵は、めずらしい存在ではなくなりました。時代の流れとともに、看護師に男女の差がなくなってくると、当然求人する側でも、男だから、女だからという理由で、採用を拒むところは減ってきているようです。

最近は病棟看護の現場でも、男性看護師の姿をちらほらと見かけるようになりました。看護師を目指している男性の数も、年々増えています。これから就職する男性看護師の皆さんには、自分がどういう現場で働きたいのかという、強い希望や意志を持って、就職活動に臨み、男性看護師が活躍する新しい現場を、どんどん切り開いていってほしいものですね。

産業看護師として治験業界や医療機器メーカーなどで働く

看護師の免許は病院やクリニックなど医療関係の職場でしか活かせないと思っている方が多いと思います。しかし、最近では看護師を必要としている企業が多く存在しているのです。企業で働くことを産業看護師といいます。

一般企業といっても治験業界や医療機器メーカーが主となります。治験業界では、CRAと呼ばれる治験モニタリングの担当者、CRCと呼ばれる治験コーディネーターとして看護師を必要としているようです。

治験業界というのは、新しく開発された薬がどのように作用するのか、また正常に作用するのかを研究、実験している業界で、看護師の仕事としては、治験全体のモニタリングとなります。治験は実際に人の身体を使って行われるので、健康管理や人権保護、ケアなど全般を行っているのです。

CRAの場合はモニタリングの担当だけですが、CRCになると治験全体をコーディネートすることが出来るので、看護師としての更なるスキルが要求されます。収入だけでなく、やりがいもアップするので、看護師として積極的に活躍したいと考えている方には向いています。

医療機器メーカーで働く看護師の仕事はクリニカルスペシャリストと呼ばれる方々です。看護師としての資格は持っていますが、あくまでも扱いは医療機器メーカーの社員であり、製品のデモンストレーションやサポート等を行っていきます。看護師として健康上の面からアドバイスや販売促進が行えるので、スキルを向上させたいと考えている方にはお勧めです。

また、いずれの業界にしても英語力を追求されるようです。治験や医療機器というのは海外から新しく入ってくることが多いので、取引の際に英語が使われたり、説明書等も英語で書かれていることが多いのです。看護師として働きながら、英語の能力を習得すれば企業への転職はかなり有利に進められると言えるでしょう。

一般の病院のような看護師のイメージではなく、一企業の社員といったイメージで仕事が出来るので、現在の職場環境に不満がある方にとっては良い転職先になると思います。

一般企業での勤務

以前は、看護師の勤務先と言えば病院というのが一般的な考えでした。
しかし最近では、看護師の勤務先として企業を選ぶ方が増えてきています。様々な理由から、企業からの看護師需要が高まってきているのです。

看護師の方が勤務する企業としては、一般企業から医療関連の企業まで、実に幅広い業種があります。

一般企業での看護師需要が高まっている理由としては、社員の健康管理を徹底しようという企業が増えてきたためです。
定期的な健康診断は行っても、日々の健康管理については社員任せという企業がこれまでかったのですが、社員1人1人の健康に気を配り、より良い仕事環境を整えようという企業が増えてきているのです。これはその会社の成長にも繋がるので、今後看護師需要はますます高まり、社内に看護師を常駐させるという企業が増えてくるのではないでしょうか。

医療関連企業では、治験業界や医療機器メーカーといったものがあります。
治験業界は新しい薬が開発された時、それが本当に効果があるのかを検査するという業界です。治験モニターという方々で新薬の効果を試すのですが、その治験モニターの健康管理を行うことが看護師には求められるのです。緊急時などはそれまでの看護師としての臨床経験が生かされるのでスキルアップも望める職場です。
医療機器メーカーの場合は、看護師の立場からその医療機器がどのような効果を生み出すのかという点を説明するため、営業担当の方と一緒に取引先を回るという仕事を任されることが多いようです。病院やクリニックのように毎日患者さんを相手に治療や診断を行うという内勤ではなく、外回りなどの外勤が主な仕事となるので、これまでと違った新しい事に挑戦したいという方にオススメです。人とコミュニケーションを取るのが好きだという方には向いている仕事ではないでしょうか。

病院勤務の場合は、交代勤務で病院と家を往復するだけの毎日になることも少なくありません。
そんな生活で、精神的にも肉体的にも参ってしまうという看護師の方も多いので、そういう事を避けるために企業への勤務を希望する看護師の方が多いようです。

企業勤務は交代勤務もありませんし、正社員、パートなど自分の好きな働き方を選べることも多いので、看護師の経験を活かして働くとしたら、かなり働きやすい職場なのではないでしょうか。また、通常の看護師業務とは違った事をたくさん経験できるので、看護師以外の業務を経験したいという方には、メリットの多い勤務先であると言えるでしょう。
自分のライフスタイルやキャリアプランを考え、それに合う職場があるとしたら、就職先や転職先に企業勤務を検討する事も、看護師としての一つの道になります。

クリニック、診療所での勤務

病院で勤務されていた看護師の方が転職先として選ぶのに一番多いのが、クリニックであると言われています。

クリニックとは、入院施設が無い、またはベット数が19床以下の医療機関の事を言います。クリニックと一口に言ってもかなり種類が多く、代表的なものでは整形外科や眼科、耳鼻科、内科、外科などがあります。最近では美容整形外科や美容エステのクリニックもあり、転職を希望する方はある程度自分の条件に合った職場を探すことが出来るようになっています。看護師専門の転職サイトなどでも総合病院や大学病院と違い、クリニックの方が比較的に求人を探しやすいと言えます。

クリニックは総合病院と違い、1つから2つの科に絞って診察を行っている所が多くなっています。
例えば眼科や皮膚科、内科、外科といったように特定分野にのみ精通していれば良いので看護師として自分の得意とする分野があるのであれば、その科目を専門としているクリニックに勤務する方が、自分にも勤務先にもメリットが多くなります。
これが総合病院の場合、どこの科に配属されるかは入ってみないと分かりません。転職先として病院を選んだ場合、以前いた科と全く違った分野の科に配属されるという事も多くあります。そうした場合は今まで経験したことの無い疾病の患者さんを受け持つ事もあり、看護師としてのこれまでの経験が全く役に立たないという事にもなりかねません。それならばクリニックで、自分の特異な分野で働いた方が能力や経験を活かすことができます。

総合病院や大学病院は一般的な就職で言うと、大企業になります。クリニックは中小企業となり、規模は小さくなりますが、その分働きやすいというメリットがあります。そのため、総合病院などに就職したけど職場環境が悪いのでクリニックに転職したいと思っている方が多いようです。もちろん、収入面においては大企業である総合病院などに劣るのですが、看護師として働きたいけれど自分の時間も大切にしたいという方にはお勧めできます。また、小さいお子様がいても働きやすいので、結婚や出産、子育てを経て再就職を希望する方にも働きやすい職場となっています。

クリニックへの転職が多い理由としては、勤務時間帯や業務内容が大きいようです。
病院勤務の場合、大体が交代勤務となり不定期な勤務時間帯であったり、休日がなかなか取れない、緊急の患者さんがあれば即残業、残業代が付かない、休日も担当患者さんに緊急事態などがあれば呼び出されるのでゆっくりと休むことが出来ない、などなど肉体的・精神的負担が大きいと言われています。
しかしクリニックの場合は入院を取り扱っていない場合もあり、定時で帰れるところが多く、休日もしっかりと休むことが出来ます。残業などがあっても月に何十時間というサービス残業を強いられることもありませんし、有給休暇なども比較的自由に取ることが出来るようです。そのため、看護師としての経験を活かしながらプライベートも両立させたいという看護師の方が転職されるようです。

クリニックへの転職を考え求人を探す時は、看護師の転職支援サイトなどを利用すれば自分の条件に合った職場を簡単に探すことが出来ます。総合病院などで働いている看護師は求人を探しに行く時間がないという方も多いので、そういった意味でもサイトを有効活用するのはお勧めです。また、地元の求人情報誌やハローワークなどで見つけることが出来るので、転職を希望すれば比較的短い時間で探すことが出来るようです。
しかし、クリニックの求人は人数が足りなくなった時の補充要員としての募集か、新規オープン時の人員募集という事がほとんどで、そこまで頻繁に求人が行われてる事はありません。
地域ごとの求人誌を頻繁にチェックするか、転職支援サイトに登録して求人が出た時に連絡をもらえよう希望しておくなど、他の勤務先の求人を探すよりも難しいと言えるかもしれません。

看護師の経験を活かして転職や復職を考えているのであれば、クリニックや診療所は最適な職場であるとも言えるでしょう。自分の現在の職場環境に悩んでいる方、特に働きすぎの方や人間関係で悩んでいる方は一度クリニックなどの中小企業で働いてみるのも考えが変わって良いかも知れません。

高齢者介護や障害者介護施設などの関連施設での勤務

看護師の職場というと、真っ先に病院を思い浮かべる方が多いと思うのですが、実は施設という選択肢もあります。最近の世相を反映して、勤務先として最近増えてきているのが、関連施設への勤務なのです。

施設といっても高齢者介護施設や障害者介護施設などです。看護師の職場としてはあまり知られていないようですが、実は転職先としてもお勧めできる職場なのです。

関連施設は色々な種類があります。
例えば介護施設。介護老人ホームや障害者施設といった、介護を目的とする患者の方が入居している施設をいいます。
現在、日本では高齢化が進行しているため、高齢者のための介護施設が増加傾向にあります。それと共に介護施設での求人も増え、ケア要員に併せ看護師の需要も高まってきているのです。入居されている方の日々の検診などのケア、緊急時の対応など、専門家としての活躍を期待されています。

介護施設には介護福祉士や理学療法士など、看護とは別の分野で働く方々もたくさんいます。その方達と連携を図りながら、入居されている方が居心地のよい空間を提供するよう、日々の総合的なケアを行わなければなりません。
看護師として看護の分野から知識や技術を提供することもありますが、病院などに勤めるよりは精神的にも肉体的にも負担が軽くなるので、一度勤めるとずっとそこで勤務するという方が多いようです。

高齢者施設や障害者施設では入居者や患者さんのお世話はほとんどが介護福祉士が行っています。こういった施設での看護師の仕事は日常的な健康管理や状態が変わった場合に対処・応対となります。もちろん看護師なので医療行為を行うことは出来ないので、普段とは違う状態になった場合には即座に病院に運ぶなど、日常的に病院と連携を取ることも重要な仕事となります。介護福祉士と協力し合いながらの仕事になるので、コミュニケーションを上手く取れる方が向いています。

その他の関連施設としては学校や企業、保健センターといった民間の施設があります。
特に最近増加しているのが企業での需要です。一般企業では、社内に看護師の方を常駐させて社員の健康管理に力を入れているところが多くなっており、そうした求人も増えてきています。また、医薬品メーカーの臨床試験の監督、エステなどでの緊急時の対応要員としても看護師の需要が高まっており、様々な場所で医療の専門家である看護師の活躍が期待されているのです。
地域の保健センターでも、地域の方々の健康診断や献血のために看護師を必要としています。

こうした関連施設に勤務する場合、病院などよりも更にコミュニケーション能力を必要とされます。これは病院のように疾病のある方ではなく、一般の方々が相手となるためです。特に介護施設の場合は高齢者相手が多くなるので、そういった方との人間関係を上手く築いていくことが重要なポイントとなります。また、豊富な医療知識よりも豊富な臨床経験が求められる職場だといえるでしょう。容体が急変した時にはどのように対応するのか、臨機応変にやっていける方が望ましいです。それ故に全く初心者で施設に勤めるというよりは、病院やクリニックなどである程度経験を積んでから転職といった形の方が良いと言えるでしょう。求人などの条件にも経験者と書かれていることが多いので注意が必要です。
施設に入居しているのは高齢者や障害者といった人の手助けを必要とする方なので、優しい気持ちで思いやりを持って接することも重要となります。そのため、面接などで性格や人格などを評価されることもあります。

また関連施設ではありませんが、訪問看護も最近注目されている転職先の一つになっています。
訪問看護は在宅で介護を受けている方の元を訪れ、点滴や投薬などの治療、定期的な検診を行うというものです。医療行為については医師の指示の元で行うことが出来ます。ただ、患者さんによっては指示以外の症状が現れていることもあるので、施設勤務の看護師の方よりも緊急時に臨機応変に対応できる経験と知識が必要となります。

在宅介護の人口も最近は増加しているので、こちらも看護師の転職先としては候補の一つとして挙げておくと良いでしょう。

こうした関連施設などでの勤務の場合、基本的には日勤のみで残業や夜勤は無く、カレンダー通りに休みが取れるので、プライベートを優先したいという看護師の方にお勧めです。施設での求人はハローワークなどよりは、施設に直接問い合わせた方が良いでしょう。1人辞めたので1人補充するといった形で求人が出されることが多いので、施設で働きたいと希望した時点から転職活動をはじめましょう。また、新しい施設が建つ時にはまとめて募集されることもあるので、地域の施設などに注目しておくと良いかもしれません。

専門病院での勤務

看護師としてのキャリアアップやスキルアップを目指す方が増えてきており、就職先や転職先として専門病院を選ぶ方が増えてきています。

専門病院とは、がんセンターや小児病院、脳外科など、特定の病気に対する専門的な診断や治療を行う病院のことを言います。例えば、がんセンターであったり、小児医療センター、脳外科病院などが代表的です。

総合病院の場合、色々な科が入っていますが、その中で行われる治療というのは一般的なものになります。専門的な知識や技術、また機器の必要な病気や症状の場合にはそこから専門病院へと紹介されるのです。専門病院ではその病気や症状に適した最新の機器や高度医療機器が揃っているので難しい手術なども行えます。総合病院や大学病院では病院内での移動もあり、例えば小児科を希望していても産婦人科や外科に移動になったりします。最初から小児科の看護師、産婦人科の看護師などと希望がある場合には専門病院を就職先として選んだ方が良いかもしれません。

通院される患者の方や、入院患者の方もたくさんいらっしゃいますので、勤務している看護師は24時間体制で業務を行う事になり、基本的に交代勤務をする事になります。
また、患者の方に症例の説明をしたりその病気に特化した薬の投与など、通常の看護師業務に加え専門的な業務も行わなければなりませんので、専門的な知識と経験が必要となります。

担当する患者の方の症例も特殊な場合が多いので、その分専門的なケアが必要となります。看護師としての自分の力量以上の業務を任されることがあったり、特殊な症例の患者さんの心のケアなど、精神的負担も大きなものとなってくるでしょう。
担当する患者の方の数が多くなればなるほど精神的負担も肉体的負担も重くなります。自分の生活が看護業務中心の生活となってしまうので、体調を崩したりしないよう自己管理能力も問われる事になります。

しかし、これだけ負担の大きい業務な分、給料面で言えば他の看護師と比べても高い水準にあるようです。専門的な業務と知識への対価と考えれば、当然なのかもしれません。

専門病院で働くためにはある程度臨床経験を積み、専門的な知識や技術を身に着けた看護師でなければならず、条件によっては専門看護師や認定看護師の資格認定を受けている方でなければ勤務ができない場合もあるので、検討している勤務先の条件を前もってしっかりと確認しておく事が重要です。
専門看護師や認定看護師になるためには実務経験を何年か積んだ後、しかるべき教育機関において単位を修得し日本看護協会の認定試験を受けることで資格を取得する事ができます。
自分の看護師としてのキャリアプランを考えた時に、専門病院に勤務したいと考えているとしたら、なるべく早くそれに向けた勉強を始める事をお勧めします。専門知識に併せ、実務経験も必要となるので、資格を取得するまでには時間を要してしまうからです。

最初は総合病院などで働いて自分がどんな分野で働きたいかという意思が明確になれば専門病院へ転職することも可能です。専門的な分野でより高度な知識や技術を身に着ければ、専門看護師として働けるようになるので、収入面においても増加が見込めます。

専門病院はやる事も多く、業務も他の看護師業務と比べると更に大変になりますが、その分やりがいがあり、キャリアアップ・スキルアップを考えている方にはとてもむいている勤務先であると言えるでしょう。一つ注意したいのは、専門病院というのはそれほど多くないという点です。総合病院は各市町村に1つはありますし、大学病院も各都道府県に1つは存在しています。しかし、専門病院というのは、市町村や都道府県に1つという訳ではないので、自宅から通える範囲でといった希望がある場合には転職は難しいかも知れません。また、あまり数が多くないという点から求人が出ても一般の情報誌などに掲載されないという可能性もあります。現在勤めている病院である程度情報を得てから紹介などを利用して移動する方が良いと言えます。

専門病院の場合、一般の求人誌には情報が掲載されないことも多くあります。
求人情報を見つける方法としては、現在勤務している病院の紹介であったり、自分で専門病院に行って交渉、看護師専門の転職支援サイトの利用などがあります。

大学病院での勤務

看護師としてのキャリアアップを考えているのであれば、大学病院への勤務が一番お勧めです。専門的な分野を研究していることもあり、より高度な知識と技術を学べる環境が整っているのです。

総合病院などとは違い、大学病院には様々な症例の患者さんが訪れます。
一般の総合病院では診断しきれなかった方が、最終的な検査や診断を行うために来たり、他病院で治療が難しい場合でも、最新の医療設備が整っている大学病院で治療を行ってもらえるなど、最新医療が整っているためです。

看護師として大学病院に勤務する場合、働く方のスキルも問われることになります。
ある程度の臨床経験のある看護師でなければ受け入れてもらえなかったり、新人の看護師の場合、求人自体が出ていないこともあります。

そのため、大学病院で働く看護師の方の年収は、他に比べると比較的高いと言われています。専門的な知識や技術を必要とされることや、ハードな仕事が多いことなどが理由に挙げられます。給与面や待遇面においても他の病院に比べると良いのです。また小さい子供がいる人のために院内に保育所が併設されているなど環境が整っていることが多いです。
もし収入面を考えて大学病院を勤務先に選ぶのであれば、仕事内容や勤務形態についても十分に理解しておくようにしましょう。

大学病院で働くことの問題点としてあげられるのが、一般の病院から大学病院に転職を希望する時には割とスムーズに出来るのに、大学病院で働いていた看護師が一般の病院やクリニックに転職をしようと考えると案外難しいという点です。大学病院の看護師というとそれだけでブランドのような感じに思われるのですが、実際に働いてみるとスキルが低かったということもあるようなのです。総合病院などでは一人の看護師が何人もの患者を受け持つことがありますが、大学病院では看護師の数も多いので看護師一人に対して担当患者一人といったことも多く、手が回らなかったり、テキパキとこなすことが出来ないといった問題もあるようです。大学病院からの転職を希望する方は一般の病院の職場環境をよく調べた上で面接を受けた方が良いかもしれません。

大学病院でいざ働きたいと考えた時にふと考えるのが特別な資格が必要なのかという点です。大学病院という場所は大学に併設されているため、教育も行われています。ですが、看護師として働く上で必要なのは看護師免許だけであって他の特別な資格というのは一切必要ないのです。しかし、大学病院によっては正看護師でなければならないという基準もあるようなのでしっかりと調べてから面接を受けるようにしましょう。

勤務先として大学病院を選ぶ場合、まずは求人を探さなければなりませんが、一般の求人誌や求人サイトでは募集していなかったり非公開になっていることが多いようです。求人情報はハローワークや求人情報雑誌などにも掲載されますが、看護師の就職支援サイトなどを利用した方がより自分の希望に合った職場を探すことが出来ると思います。また、看護師専門の人材紹介会社を利用すれば登録しておくだけで条件に合う転職先があればどんどんと紹介してくれますし、面接も有利に進めることが出来ます。

大学の看護科を卒業した方は、そのままその大学病院に就職するということが多いようです。しかし、他の大学を出ていたり、大卒でなくても、経験や知識さえあれば大学病院で働く事は可能です。
いざ面接を受けることになった時には自分のアピールポイントをまとめ、簡潔に話すことが重要となります。面接時にはその人の人柄等を見ることになるのではっきりと自分の意思を伝えられるかどうかという点も重要になってきます。
看護師としてどんなことができるのか、またどんなことをしていきたいのか、自分の看護観と、看護師としての経験を伝えるようにしましょう。

大学病院に行けばそこから専門看護師や認定看護師とキャリアアップする道も開けます。看護師として更なる高みを目指して行きたいという方には、とても向いている職場であると言えるでしょう。

病院での勤務

看護師の勤務先として、一番に思いつくのが病院ではないでしょうか。
一般的に病院というと総合病院などの大きな病院を指すと思います。

病院での看護師の仕事は通院患者と入院患者の両方のケアになります。入院患者は24時間体制でケアが必要となるので、看護師自体も24時間体制の勤務となります。総合病院で看護師として勤務する場合、病床数にもよりますがほとんどは交代勤務です。交代勤務は2交代制か3交代制に分かれていて、多くは3交代制となります。3交代にしても2交代にしても夜勤があるのはどちらも同じです。日勤から夜勤に代わる際には引き継ぎが行われ、担当患者の様子などが伝えられます。

病院に入職する際は、まずは始めにどのような勤務形態になるのかを確認しておくと良いでしょう。

看護師は医師の指示に従って患者のケアを行いますが、病院の場合には手術に入ることもありますし、基本的に医師と二人三脚といったイメージになります。

病院を勤務先にする場合、収入面はかなり安心できると言えます。しかし、交代勤務という不規則な職務をこなさなければならない事と、利用者が多いので勤務時間中はずっと気を抜けないという、精神的にも肉体的にもハードな勤務となってしまいます。また、サービス残業を強いられたり、有給休暇があるのに思ったように休めなかったりといった問題もありがちです。中には看護師不足でなかなか休憩も取れず、過労で倒れてしまったという方もいます。

看護師として一番始めに就職するのは総合病院が多いと思うのですが、病院から病院へと転職を希望する看護師の方も多く、上記のようなハードな勤務形態に加え、職場環境や人間関係が課題となってしまうことが多いようです。大きな病院になればなるほどそこで働く人の数も多くなります。看護師同士はもちろん、医師や薬品会社関連の方とのコミュニケーションも上手に取っていかなければならないのです。それ故に大きな病院で働く方の中には人間関係が上手くいかないという悩みを抱え、転職を希望する方も多くいます。

収入面にいたっては、安定して収入を得ることができますし、病院で働けば日々進化する医療の知識を即座に吸収できるというメリットがあります。日々勉強といった感じにはなりますが、色々な科目を扱っている分知識や経験の幅も増えスキルアップを目指す方にとってはよい環境だと言えるでしょう。しかし待遇の面で見ると、残業が多い、残業代が出ない、有給が思ったように取れないなど、こちらも人間関係同様に病院勤務の看護師の方の悩みの大半を占めているようです。

最近では入職前に、職場を見学できるという所が増えてきています。
見学に行った際に、看護師と医師のやり取りの様子を見たり、患者さんに対する態度を見たりするなどして職場を客観的に判断することが出来るので、もし見学ができる所があれば積極的に行ってみる事をオススメします。
また、患者さんの数や病院内の環境によっても、その病院の善し悪しというのが判断できると思うので、転職前にはその面もしっかりと見ておくようにしましょう。

現在多くの病院が看護師不足に悩まされています。勤務先として病院を選ぶのは、そういった意味ではとても有利だと言えるでしょう。よほどの事が無い限り、不採用になるという事は無いのではないでしょうか。面接の際にはしっかりと自分をアピールするようにしましょう。
看護師不足の現状を理解し、自分が看護師としてどれだけ奉仕できるのかという点を重要なアピールポイントとして、勤務を考える病院へ伝える事が大切です。

働き方は正社員だけでなく、派遣社員やパートといった形を選べる病院もあります。正社員ではなかなか自分の都合ばかりにはいかないかも知れませんが派遣社員やパートであれば勤務時間帯を選べるので小さなお子様がいても安心して働けるのです。

看護師の勤務先は病院以外にもたくさんある

看護師の勤務先として、誰もが思い浮かべるのが病院ではないでしょうか。
誰しも一度は必ず病院で看護師の方のお世話になった経験があるでしょうし、もちろん看護師業務は病院で働く事を前提にされています。

しかし看護師の勤務先というのは、実は病院だけではありません。
クリニックや診療所はもちろんの事、保健センター、福祉施設、最近ではエステサロンや一般企業、医薬品会社など、以前に比べると看護師の勤務先の幅はかなり広がってきているのです。

看護師の需要がこのように様々な場所で高まったのは、一般の方の医療に対する意識が高まってきたからだと言えます。
以前は病気やケガをすれば病院に行けば良いとされていましたが、病気になる前の予防医療に関心を持つようになり、医療のスペシャリストである看護師に注目が集まったのです。また、介護施設や福祉施設の増加や、エステや薬品開発など、病院以外で体に関する職種が増えてきている事も、看護師への注目が高まった理由の一つであると言えます。

このような理由から企業に看護師を常駐させるところも増えてきています。

クリニックや企業などの場合、大型の病院などと違い勤務時間や勤務条件を選択できるという事から、最近では看護師の方の転職先として人気になっています。
日勤のみの勤務、夜勤や残業は無し、土日休みなど、自分の希望条件で働くことができるのがこうした職場の魅力なのです。

病院勤務はキャリアアップとしては憧れですが、交代勤務があったり休日が思ったように取れなかったりといった問題もあります。
もちろんクリニックや診療所等に勤めても様々な問題がありますので、どの職場を選ぶかは自分の看護師としてのキャリアプランや、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

最近高齢化社会が進行しているために福祉や介護関連の施設での看護師の需要も増えてきています。
病院やクリニックだと様々な年代の方が患者として訪れますが、高齢者施設になると年代が定まってくるのでそのあたりも看護師としてのスキルが問われる職場になります。

このように、一昔前であれば看護師として働くのは病院のみだったのが、様々な勤務先から自分に合った職場を選ぶことが可能になってきているのです。
看護師の資格は一生ものであり、求人が無くなるという事はまずありません。
就職にも有利で自分に合った職場を選べるのは、とても魅力的な事ではないでしょうか。