モンスターペイシェント、問題患者への対応方法

最近急に増えてきているのが、モンスターペイシェントの問題です。理不尽な要求をたびたびしてきたり、罵詈雑言を浴びせてきたり、ひどい場合には暴力をふるってきたりと、モラルのない患者のことをモンスターペイシェントといいます。その保護者も同じように常識から外れた行動を取ることがあります。

病院に行けばなんでもすぐに治るだろうという思いこみから、疾病に対して理想とする経過にならなかった場合に、その不満を理不尽な形で要求にのせてくるのです。

これは病院関係者の間では悩みの種になってきており、社会問題化しているといえるでしょう。

医師法第19条で「応召義務」というのが定められており、これは医療機関に患者の診療を拒否する権利がないという決まりです。そのため、病院側が診療拒否権を持たないのをいいことに、それを盾にとって強くでる患者が増えています。

モンスターペイシェントと直接やり取りする機会がもっとも多いのがナースですから、影響を受けてしまいやすいです。ストレスや疲れの元になります。モンスターペイシェントへの対応に心身ともに疲れ果ててしまって、退職するという例も残念ながらあります。

こうしたモンスターペイシェントへの対応方法ですが、暴力行為に対応するための専門のマニュアルを作成したり、申し送りの際に問題のある患者についての情報共有してトラブルを防ぐといったものがあります。どれも地道なものですが、多少は効果があるでしょう。

また、あまりにも目に余る行動を取る患者に対してはやはりその家族などに事情を説明して、一緒に解決する道を探るという方法をとらざるを得ないこともあるでしょう。家族に常識があればいいのですが、残念ながら家族にも問題があり、逆にさらなるクレームやトラブルにつながってしまうこともありますから慎重な対応が求められます。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ