准看護師免許と正看護師免許の取得方法

看護師免許の取得には看護師試験に合格しなくてはなりません。

なお、看護師免許には准看護師免許と正看護師免許の2つがあります。准看護師免許は都道府県知事資格、正看護師免許は国家資格と、取得方法は違います。以下でそれぞれを解説していきます。

准看護師免許

以下の3つの取得方法があります。

1.高校卒業後に指定された看護学校で2年間学び、准看護師試験を受ける

2.都道府県知事が認定する養成学校で学び、准看護師試験を受ける

3.高校の衛生看護科を卒業し、准看護師試験を受ける

いずれも学校を卒業する前に試験を受験でき、合格すれば卒業と同時に准看護師として働けます。

正看護師免許

正看護師免許は国家試験で、実施は1年に1回のみです。
以下にいくつか取得までの流れを紹介します。

看護専門学校

もっとも一般的な流れです。
高校卒業後に看護専門学校に通い、国家試験の受験資格を得ます。

大学

高校卒業後に衛生看護科のあ4年制大学に進み、卒業前に国家試験を受ける方法です。講義など内容のレベルも高いので、キャリアアップを目指す方にもお勧めできます。

短大

短大の場合は3年間で国家試験を受ける資格を得ることが出来ます。

まず准看護師になる

准看護師として一定期間以上の実務経験を積めば正看護師の受験資格を取得できます。
学校に通う期間が長いほど学費もかかりますので、准看護師として働きながら正看護師を目指す方もいらっしゃいます。

なお、正看護師の免許を取得すると、専門看護師や認定看護師などのより専門性の高い資格を受験できるようになります。できる仕事の幅も広がります。また、中には日本で看護師免許を取った後に医療が進んでいる海外で看護師として働くという夢を持っている方もいます。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ