試験合格後の看護師免許の申請方法

看護師試験に合格すれば看護師として働くことが出来るわけではありません。合格したあとに免許の申請を終わらせないと働けないのです。看護師免許の申請をしていなければ、就職先が決まっていても看護師として働くことはできませんので注意してください。

このページでは看護師免許の取得のための申請方法を紹介しています。

免許の申請は各都道府県、各市町村の保健センターで行います。市町村の役場ではなく保健センターの管轄です。間違えないように注意してください。
その場で申請用紙を貰えるので合格後すぐに貰ってください。申請書類を用意してくれる学校もありますので聞いてみてください。

申請用紙に記入し、必要書類と一緒に提出します。注意すべきなのが戸籍謄本または戸籍抄本で、本籍地が現住所と異なる場合には取り寄せに時間がかかりますので、早めに準備しておきましょう。また、戸籍謄本・抄本は発行から6カ月以内のものという有効期限があります。

それから収入印紙が9000円分必要です。申請用紙にはりつけます。収入印紙は郵便局で購入できます。空いている時間を見つけて買っておきましょう。郵送するのであれば切手も要ります。

看護師試験に合格している証明と、医師の診断書も求められます。試験に合格したという証がないと発行してもらえません。医師の診断書は健康であることを証明するもので、命に関わる持病のないこと、視覚機能や聴覚機能、音声・言語機能、精神機能など、看護師として問題なく勤務できることを証明するものです。1カ月以内に取得したものと決まっています。

免許の申請方法は准看護師、正看護師ともにほぼ同じです。准看護師から正看護師になるときの申請や、看護師として海外で働くときの申請の仕方は若干異なりますのでその都度保健センターに問い合わせてください。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ