結婚や離婚などでの看護師免許の氏名変更

結婚や離婚、養子に入るなど、看護師免許を取得した後に氏名変更しなければならない事態が起こることもあります。氏名変更があればその都度免許の書き換えのための申請をする必要があります。書き換えは氏名変更などから30日以内に行うことが定められています。余裕を持って取り組みましょう。

書き換えをせずに勤務を続けていると、偽証とみなされて看護師免許をはく奪されてしまうことすらありますので気をつけてください。

看護師免許の氏名変更は免許取得の申請と同じように各市町村の保健センターで受けつけています。申請書類もあるので貰いに行きましょう。

氏名変更に関わらず免許の書き換えには3カ月程度かかりますので注意してください。時間の余裕をもって申請しておかないと、看護師として働けない期間が生じてしまいます。

結婚などで氏名変更の日程が決まっているときは、その時期の3カ月前には申請を提出しましょう。日々の業務が忙しいと思いますので、時間のある時を見つけて早めに準備しておくことをおすすめします。

氏名変更に必要な書類は、保険センターで配布されている申請書類、収入印紙1000円分、看護師免許、戸籍謄本・抄本、印鑑などです。氏名変更の日から30日以上経過したあとに申請する場合は遅延理由書も求められます。遅延の理由によっては申請が認められない場合もあります。

氏名変更の申請が受理されると、それまでの看護師免許は無効になります。新しく発行された看護師免許を保持しておかなければなりません。免許を常に携帯している方は少ないと思いますが、いつでも提示できるように定期的に確認はしましょう。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ