外国で看護師として働くためには手続きが必要

看護学校を無事卒業し、めでたく看護師の国家試験にも合格したら、看護師免許証をもらうことができます。免許証は、看護師は厚生労働大臣あて、准看護師は知事あてに、登録申請をして発行してもらいます。申請時には、申請書、戸籍謄本、診断書、卒業証明書、収入印紙などが必要になります。

しかし、日本の看護師免許は、日本国内でしか通用せず、そのままの形では海外では適用されません。

最近では、海外看護師をめざす人も増えてきました。イギリス、ニュージーランド、オーストラリアなどでは、外国の看護師資格を有する看護師に対して、登録制度という優遇措置をとり、その国の看護師資格を発給してくれます。
ある程度の英語力や現地での実習が条件となっていますが、日本の看護師が海外へ進出するのに、よい足がかりとなり、この制度を利用して、海外の医療機関で活躍する看護師も増えています。

その他の国々では、原則としてその国が行う看護師資格試験を受験し、合格しないと免許をとることができません。日本もこれに該当します。

日本は経済連携協定(EPA)に基づき、2008年から、インドネシアやフィリピンの看護師の受け入れを始めましたが、3年以内に日本の国家試験に合格しなければ強制帰国となるため、実際には多くの看護師を受け入れられておらず、海外問題となっている側面もあります。

言葉の壁を越えるのは、なかなか困難ですが、前述の3国のように登録制度を取り入れる国が増え、国籍を問わず、看護業務ができるようになれば、看護師不足問題も解消されるかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ