2種類の資格

看護師の職に就くためには、国家試験を受けて資格(免許)を取得する必要があります。
看護師とは立派な国家資格であり、国から認められた方だけがなることができる特別な存在なのです。

その看護師の資格には2つあり

 ・国家試験を受けて合格すれば得られる「看護師」資格
 ・都道府県知事試験を受けて、合格すると得られる「准看護師」資格

があります。
これらのどちらかの資格を持っていれば、正式に看護師として働くことができます。

「保健師助産師看護師法」で定められた定義では、

「看護師とは、厚生大臣の免許を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう。」

「准看護師とは、都道府県知事免許を受けて、医師・歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者をいう。」

と区別されています。

准看護師は、医師や看護師の指示のもとに仕事を行う必要があり、一般の企業で例えるなら、看護師が上司で、その部下として准看護師がいるということになります。

この看護師資格を取るためには、3年以上看護学校で学ぶ必要があります。

とりあえず早く看護師の仕事に就きたいという方の場合、まず2年間看護学校で勉強して准看護師の資格を取り、准看護師として勤務をしながら、看護師へのステップアップを目指すということもできます。

現在では看護大学も出現しており、看護師の高学歴化が進んでいます。
日本看護協会は、看護師を対象にしたさらに高度な認定資格試験を行っており、看護師から「認定看護師」「専門看護師」「認定看護管理者」というキャリアアップもできるようになりました。
これらは、特定の看護専門分野に分けて認定されますので、がん看護や救急看護など、特に専門性が必要な現場で活躍したい、と願う看護師にとってはとても有益な資格と言えます。

このように一言で看護師資格と言っても様々な種類があり、自分のやりたいことや目指したいことに合わせて、資格を選ぶことも可能なのです。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ