夜勤看護師の一般的な勤務時間とは?

看護師の夜勤には3交替制と2交替制があります。

3交替制で勤務している看護師は全体の54.1%、2交替・変則2交替制勤務は 18.0%(「2001年看護職員実態調査」社団法人日本看護協会より)と、圧倒的に3交替制の方が多くを占めています。
しかし、1993年とくらべると3交替制は減少し、2交替制 が増加しています。

3交替制の場合、ある病院を例にとると、日勤は8:00~16:45・準夜勤は16:00~ 0:45、深夜勤は0:00~8:45となっていて、45分は重なる部分があります。
この申し送りの時間は最低15 分は設けられているのが普通です。

この2交替制か3交替制かという問題は、病院の規模やそこで働く看護師の数に左右されます。

2交替制の場合、夜勤が12時間以上に及び、長時間の深夜勤務による疲労が問題となります。また、夜勤にあたる看護師の数は1998年の夜勤実態調査では1割近くが1人体制となっており、深夜の緊急時の人員不足など、大きな問題を抱えています。

2交替制にもメリットがないわけではありません。
担当の看護師がめまぐるしく替わる3交替に比べて、患者さんに安心感を与えることができる、働く人は次の勤務までの間隔が長いため休みの予定が立てやすいといった声も聞かれます。

新人看護師の第1ハードルは、この変則的な勤務形態に慣れることです。
日勤を終えた後、その日の深夜に再び業務につくというパターンも3交替制では当たり前です。
以前より夜勤回数は減りつつあるところが多いものの、3交替制では準夜勤・深夜勤を合わせて月7~8回の夜勤を覚悟する必要があります。

人手の必要な時間に層を厚くし、 看護師一人ひとりの負担を軽くするために、 いろいろなシフトも試されているようです。

たとえば、2交替制や3交替制でも、時間を均等割りせずに、日勤の時間を長く、夜勤・深夜勤 を短くしている病院や、いっせいに交替するのをやめて交替時刻を少しずつずらして、できるだけ多くの人員を配置できるようにしている病院も出てきています。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ