休暇制度について

看護師の有給休暇は、就職すると他の職業と同様に、「年次有給休暇」という、給料が支払われる休暇がもらえます。与えられる有総休暇(所定有給休暇)の日数は、勤務する病院によってまちまちです。

労働基準法によると、1年目で年問10日、次の年から1日ずつ増えて年問20日までと定められていて、看護師の有給休暇についても、ほとんどの病院がこの法にならって設定しています。

1992年5月から国家公務員に対して完全週休2日制が導入されたのをきっかけに、看護師が週に2日休める病院が増えてきました。
1993年には、公立・民間の病院で、完全週休2日制を導入しているところが51.3%、隔週週休2日としているところが31.2%となっています。2001年には完全週休2日制で勤務している看護師の割合が65.6%になっていますので、2011年現在ではさらに増えているでしょう。

その他の休暇、これから学校に通って看護師になろうという若い方には、まだピンとこないかもしれませんが、介護休暇や育児休暇などもあります。
労働省(現厚生労働省)では、高齢化社会に対応するため、1992年7月に要介護者の 範囲を配偶者・父母・子供とし、休業期間を3か月などとする「介護休業等に関するガイドライン」を策定しました。

これによって、看護師の職場でも介護休暇制度が導入されて、身内の看護や介護をしやすくなってきました。

また、1992年4月から施行された「育児休業等に関する法律(現育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)」により、育児休業・休暇も法的に認められるようになっています。実際の取得率は2001年で50.7%と、全国平均をやや下回っています。そのかわり、取得週数は長くなりつつあります。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ