休憩時間はどれくらい?

日勤の休憩はよっぽど忙しい時でない限り、1時間きちんと取れます。
しかし問題は夜勤の休憩です。多くの病院で人数が少ない状態でやりくりしているので、明確な休憩時間がないのです。

看護師2~3人で50床程度の患者をみているといったような状態の病院もあります。そういった場所では、晩ごはんはちゃんと食べれますが(忙しいと2時3時まで食べれないこともあります)、ナースコールが鳴ればごはん途中でも取らなければならないし、仮眠もありません。
記録などが終わってナースコールがならなければ、ジュースを飲んだり、すきな本を読むなどは自由です。
ただ、救急病院などは、準夜・深夜の入院もかなり来ます。また、重症患者、急変がいればそんな時間は取れません。

ある病院を例にとると。
勤務時間が日勤 8:30~17:30(休憩1時間)
夜勤(準夜・深夜続け) 15:30~9:30

休憩なしでも、一応勤務時間に仕事が終わってしまえば、超過勤務はつけれません。

選ぶ職場によって夜勤の時間に仮眠したり休憩出来るかどうかは異なりますので、日中の休憩時間などはどこも変わりませんが、夜勤の時間は職場に休憩時間などもきちんと確認した上で働くことをお勧めします。

休憩時間は忙しさで無くなる場所ときちんと忙しくても取れる場所、職場により本当にバラバラなのが現状です。夜勤での休憩が無いのは身体的にも大変だと思うので自分に合った職場を探してみて下さい。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ