転職サイトに登録した後、自分でも就職活動してもOK?

看護師への就職や転職を考えたとき、人材紹介会社へ登録する事はとても有効な手段だといえます。様々な地域の求人や、非公開求人など、自分では探せないような求人情報を紹介してもらうことができます。
しかし、あくまでもその会社に登録している職場だけしか紹介される事はありませんので、もっといい求人があるのではと心配になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、地元の小規模医療施設などの場合、全国展開している人材紹介会社よりも、地域のハローワークや求人誌の方が情報を見つける可能性が高いと言えます。また、医療施設が自らのホームページで直接求人を行っている場合もあります。

そうした所に就職したい場合は、人材紹介会社に登録していたとしても、独自にも就職活動をしたいと考えるかと思います。

結果だけ言えば、人材紹介会社へ登録をしたとしても、独自に就職活動を行っても問題はありません。人材登録会社に登録したからといって、必ずそこの紹介を受けなくてはいけないという事はなく、もし紹介されたとしてもその職場に行くかどうかは任意であり強制ではありません。
また、複数の人材紹介会社に登録することも問題ありません。その場合は、より多くの紹介を得て選択肢を広げることができますし、複数の紹介会社の支援サービスを受けることができるので、有利に進むかもしれません。

就職をするのはあくまでも自分であって、人材紹介会社ではないという事を忘れないようにしないといけません。
人材紹介会社は看護師の就職活動にとって大変力強い味方ではありますが、そこに頼り切って安心してしまうと、せっかくある絶好の求人情報を逃してしまうかもしれません。また、人材紹介会社の様々なサービスを受けていると、会社の紹介ではない職場への就職に気が引けてしまうという方がいらっしゃるかもしれません。

人材紹介会社への登録は、より良い職場を見つける可能性を広げるための目的であるという事を忘れずに、自分でもしっかりと活動を行わなくてはなりません。

派遣会社で派遣社員として登録している方の場合、待機期間中であれば就職活動をしても問題はないでしょう。
ですが、もし派遣されている契約期間中に他の職場への就職のために退職することになってしまったら、契約違反に問われる場合もあります。
派遣会社を利用されている方は、今後派遣先の予定が無い事を確認してから行うようにすることが大切です。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ