看護師転職サイトのメリット・デメリット

看護師専門の転職サイトを活用する場合、メリットが数多くあります。

まず第一に、無料で手軽に転職活動を行えるということです。
ほとんどの看護師転職サイトは利用者から料金を取る事はなく、病院からの紹介料で運営を行っています。また、ネットから利用ができるので、在職中であっても空いた時間に気軽に転職活動を行うことができるのです。

また担当のコンサルタントがついてくれるというのもメリットの一つでしょう。
医療業界に精通しているプロのコンサルタントが、職場の雰囲気や離職率などの様々な情報を提供してくれたり、自分の希望など諸条件も踏まえた上でのアドバイスをくれるので、自分の希望通りの職場を探すことができます。
有利な履歴書の書き方や、面接時の注意点など、色々なアドバイスをもらうことができますし、給与や待遇の交渉など、自分では言いにくい内容を面接先と代行で交渉してくれます。希望に合った求人を探や、面接日時の決定もコンサルタントが代行してくれるので、在職中でも効率的な転職活動をすることができます。

その他、全国数万件ある大量の求人情報や、非公開求人を探す事ができるのも一つのメリットです。
近年では、求人雑誌や広告より求人サイトや転職サイトに情報を掲載する病院が増えてきています。また多くの条件を指定して一括検索できるので、紙媒体の求人雑誌には無い利便性があります。多くの求人情報から検索できるというのは、自分の希望に合った職場を見つける確率も高まるということになります。

しかし、看護師の転職サイトにデメリットが全く無いわけではありません。

その一つが、メリットでも上げたコンサルタントがつくことです。
良いコンサルタントの方に担当してもらえば問題はありませんが、そうではない方に担当されてしまうこともあるのです。転職サイトは病院からの紹介料で運営されているため、良い情報ばかりを掲載したり、希望と違う職場に強引に紹介されてしまう可能性もあります。コンサルタント任せにせずしっかりとコミュニケーションをとり、合わないと思ったら他の方に変えてもらうなど、自分からもアクションを起こすようにしましょう。

また、もう一つのデメリットとしては、直接応募の方に比べると不利になるという事です。
前述の通り、転職サイトは病院から紹介料をもらって運営しており、病院側からすれば転職サイト経由の看護師を採用した場合はお金を払わなければならないのです。そのため、もし同じタイミングで直接の応募者とサイト経由の応募者がいた場合、お金を払わなくて良い分直接応募の方が有利になってしまう可能性があります。

とはいえ、いずれにしてもメリットと比較すると、大きなデメリットとは言えません。
転職サイトや求人サイトを利用する際は、自分の希望通りの転職や就職が出来るよう、目的・条件をしっかり認識して提供される情報を見極め、最後は自分の意思でどうするか決めるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ