看護師の転職

なぜ転職が必要なのか理由をよく考える

気持ちがよく表れている質問ですね。確かに現在の事や将来の事をあれこれ考えてしまうのは当然かもしれません。
考えすぎてどうしたらいいかわからないときは、まず、なぜ転職が必要なのか?を考えてください。そして次に転職が必要なのかを考えるべきです。

転職がなぜ必要なのかは大切な事です。自問自答してしっかり考えてみましょう。

• 今の職場には不足している教育体制の充実を求めて研修や教育体制の整った職場で働きたい
• 高度な治療や最先端医療を行っている職場でもっと勉強したい
• 想像していた仕事ややりたかった仕事と現実の仕事にギャップがありすぎる
• もっと患者の立場に立った看護が実践したい
• 生活環境の変化に応じて現在の職場では働けなくなる
• 生活環境が変わってこのまま長く働くことが難しくなるのではないか
• 給与や待遇に納得や満足がいかない
• 今の職場の雰囲気や人間関係になじめない

レベルアップを図る為の理由や仕事内容に起因する理由、日常生活を考慮した理由、待遇改善を目的にした理由、等様々ですね。
ストレスを抱えたまま働くことはお薦めできることではありません。しかし冷静に考えて今の職場にいながらにして改善できることはないか?も考える必要があります。

転職は控えましょうと言っているわけではありません。改善点を考えることは転職において今後新しい職場に求める重要なポイントになります。

もちろん問題点の改善を図ることで今は転職せずに現在の職場で経験をもっと積んでから行動を起こすという選択肢もあります。看護師の転職において多くの経験を積んできたことは貴重な財産になります。

転職において色々な方向に考えを巡らせすぎてしまうという方はまず、なぜ転職?本当に転職が必要?から入ってそれだけを考えましょう。そのうえで転職を決心してから次に考えるべきことに着手します。実際に転職を実行するためには次に考えなくてはならないことがたくさんあるはずです。

順を追って考えを進めていく事で、次の職場に求める条件をきちんと絞り込む事ができる、など整理された思考で転職を考えることができます。後悔のない転職をするために必要な事といえます。

身近な人に相談してみる

まずは身近な方に相談をすることから始めましょう。ご家族や友人、知人で看護職に就いている方などです。
生計を共にするご家族の方がいればまずは悩みとして相談してみましょう。転職を実行するにはご家族の方の理解も必要になるはずです。

転職を思い立った理由にもよりますが、結果前向きに転職を進めた方がいいのか?それとも単なる悩み事として人に打ち明けたことで転職をしなくても片付いてしまう事なのか?色々悩んでいると目先の事しか見えなくなるものです。冷静に第三者の意見やアドバイスに耳を傾けてからでも遅くありません。

学生時代から親しくしている友人も頼りになります。みな家庭をもったりして疎遠になることもありますが親しく付き合いを続けている友人がいれば是非相談してみましょう。また同じ看護職の方に友人や知人がいれば同業における他の職場の事情がわかり参考になることも多いはずです。
心を許せる仲間がいれば現在の職場内でも相談しておく方が後々スムーズに運ぶ場合があります。時と場合にもよるので慎重に考えたうえで必要に応じて相談してみましょう。

実際に転職をすると決めたら周りの職場の事を色々調べてみましょう。看護職の求人は幅広くあります、自分の希望する仕事内容や勤務条件で働くことが可能なのか、今抱えている悩みや問題点を解決して働くことが可能なのか?といった点です。

今現在忙しい日々を送っていると周りの事が意外と見えていないものです。冷静な目で現在と比較しながら求人内容を判断しましょう。

看護職に関する相談は地域の看護協会で行っているほか、公的機関のハローワークでも丁寧に相談に応じてくれます。
看護師の仕事は非常に幅広い分野に及びます。

 • 今の自分がステップアップを図るためにはどんな分野の職場がいいのか?
 • 今後生活環境が変わるが仕事を続けていくためにはどんな職場が適しているのか?

といった専門的な相談は看護協会など業界に通じた機関で行いましょう。その結果が反映できる職場はハローワークなど数多くの求人情報を扱う紹介機関で探せます。

利点を活かした方法で各々を上手に利用することで効率的な相談、職場探しが可能になります。

何社ほど選考を受ければよいのか

看護師の転職活動で入社試験や面接といった活動をどのくらい行うかは個人差があり一概に何社という答えはありません。

転職理由や目的、現在の仕事状況など皆様々です。専門看護師や認定看護師を目指すために勉強できる職場を探したい、最先端医療を行っている現場で看護師として働きながら身につけたいことがある、などステップアップを前提とした転職の場合応募先も比較的限られてきます。他にも家庭環境などの変化に伴い今の職場では看護師を続けられないといった場合、離職せずに看護師を続けていける条件での職場探しが必要になります。また一旦職を離れたが復帰したいなどブランクがある方は復帰前の事前準備も含めてブランクのある再就職希望者を積極的に採用できる体制を整えている、研修、教育制度のしっかりした職場を探す方が有利に就職活動が行えます。

転職、就職活動を効率よく行う為にも現在の状況に応じた活動方法を選ばなくてはなりません。

現在看護師として忙しく働いている方であれば転職活動に費やせる時間は限られてきます。多くの転職希望先に職場見学や面接に行くには長い活動期間が必要となります。効率よく転職活動を行うためには情報収集など面接以前の段階で多くの検討を行い、絞り込みを重ねた後の応募、面接が理想といえます。

転職、就職活動に比較的時間を費やすことのできる環境であれば、積極的に職場見学に赴き直に話を聞く、職場の雰囲気を感じ取ることも大切です。

このように就職や転職における目標に個人差があるのと同時に現在の状況も皆異なります。他の方が何社面接を受けた、何社から採用をもらった、は気にせず自分にふさわしい無理のない方法で効率よく転職、就職活動を行うことを心がけるべきです。

転職すべきか今の職場で頑張るべきか

ストレスをためて仕事を続けることはオススメできません。しかし再度転職を行う事で解決できる問題かどうかが気になります。

 転職には様々な理由があると思います。どういった理由で今の職場に転職したのでしょうか?経験のない分野で仕事をするのは難しいことです。従事する仕事の内容確認が不十分なまま採用を承諾されたのでしょうか。あるいは思い込みで始めてしまい、考えていたことと現実に開きがあったのでしょうか。

 経験のない分野にあえて勉強のつもりで飛び込んだのであれば頑張りもきくと思います。しかし予期せぬ状況で経験のないことが重荷に感じるのであれば再度仕事を探すことも視野に入れねばなりません。
 今回の失敗を繰り返さないよう原因を探って次に活かすことです。求人情報を得ることから、応募の問い合わせ、職場見学、面接といった各段階できちんと確認すべきことを確認したか、仮に面接後に採用通知をもらっても不安を抱えたまま承諾したのではないか、等々転職活動を振り返ってみる必要があります。

 経験のない分野で頑張ろうと決めて転職したのであれば、辞めようと思う理由が他に無いのかを考える必要があります。職場の人間関係や体力的なきつさなど本来頑張ろうと決めたことに対し障害となっていることが無いかを考えてみます。もし心当たりがあるのであればそれを克服、解決する方法が無いかを考えたいところです。自分に向いている、向いていないといった判断はそう簡単に出るものではないはずです。志をもって転職したのであれば本題から外れた部分を理由とする再度の転職は極力避けたいところです。

 せっかく転職したのに再度転職を考えてしまうという方は、なぜ今の職場を選んだのか、なぜ今また転職したいのか、を自分なりに分析する必要があります。結果再度職場を変える事で解決するのか、あるいは今の職場で頑張っていく事が自分にとってプラスになるのかを決めることが必要です。

求人応募時の書類や個人情報はどう扱われるか

個人情報保護が法律により規制されるようになったことで以前に比べ職場での個人情報保護に対する意識は高まりました。
しかし個人情報保護について職場組織として厳しくルール付けをしているところでも、末端の個人レベルにあってはその意識がまちまちというところも少なくない様に感じます。

ここは看護師さんの転職を支援するためのサイトでもあるので、ある病院における応募書類の取扱いについて例をあげて紹介します。

この病院では医局、看護部、医療職、事務職全てにおいて正規職員、嘱託職員別に常時といっていい程頻繁に募集をかけています。特に看護師さんの求人枠が多くホームページでは常時募集を掲載しており、他に求人を出す先としてハローワークを多く利用しています。派遣会社数社とも契約を結んでおり、そこからも頻繁に看護師さんが紹介されてきます。

さて、この病院の看護師応募に関しては派遣以外の方はまず書類選考から行います。当然頻繁に履歴書が郵送されてきます。看護師以外の履歴書も混ざっています。しかし職種を問わず応募書類受付の窓口を一つにしているため応募書類であることが封筒からわかる状態であれば履歴書の内容が採用担当以外、一般職員の目に触れることは絶対にありません。

書類選考時点ではじめて各職種別の責任者と当該部署で指導する立場の一部職員が履歴書原本を内容確認します。面接は複数の面接官が同時に同席して行うためここで初めて履歴書のコピーがとられます。

面接後、コピーはすぐにシュレッダーにかけられ採用内定者の履歴書原本は人事で厳重に保管されます。採用後も配属先の現場に履歴書が回ることはありません。不採用となった方の履歴書は本人に返送されます。

この例は非常に徹底されていると感じますが、逆に現場レベルの個人に至っては個人情報保護の意識が浸透されていない事がその理由ともいえるようです。

困るのは履歴書を送付する際履歴書同封と記載されていない場合です。人事担当宛とあればまだいいのですが病院名宛で他に何も書かずに送る方がいます。可能であれば宛名に人事担当の方の名前まで入れ、必ず履歴書同封と記載して送る様にすべきです。

理学療法士などの免許、資格は就職・転職活動のときにプラス評価になるか

国家試験に合格しなければ取得できない資格を有していることは就職において有利な事です。職種によっては資格がなければ仕事ができない訳ですからプラスにはなってもマイナス評価になることはありません。

 仮に分野の異なる資格であっても難易度の高い内容の有資格者であれば、まずは勉強熱心な方と判断できます。看護師の仕事は毎日が勉強の積み重ねです。試験に合格して有資格者となればそれで終わりという訳ではありません。毎日業務をこなしながら勉強していける方かどうかは採用側にとって重要なポイントです。
 資格を取るためには勉強して試験に合格しなければなりません。そういった意味で資格を複数所持している方は目標に向かって勉強ができる方と判断できます。

 医療の分野で複数の資格を持ち合わせていればそれはまた評価が異なります。上に述べたように勉強熱心な方と判断されるのはもちろんですが、この分野で自分の将来を見つけていこうと考えていることが分かります。簡単な勉強程度で合格する試験とは異なります。ある程度の期間目的に向かって勉強するという事は強い意志が必要だからです。

 看護師として転職を目指すのであれば医療の分野で働きたい、そしてなぜ看護師として働きたいのかを是非面接で自分から話をすべきです。この分野で将来を目指すことはもちろん、複数の資格を有する自分がなぜ看護師として働いていきたいのか、面接を行う採用側にとってはとても気になる点です。もちろんいい意味での疑問です。
 理学療法士の資格取得を目指して勉強したことは看護師として働くうえでも必ず役に立つはずです。そういった点をきちんと整理して面接に臨むことで有利に転職活動が進められます。
 資格を活かしていくのは自分です。努力して取得した資格なのですから就職活動においても大いに活用すべきです。

転職して年収アップ

確かに毎月の給与支給額には職場ごとの格差があります。当然年収も異なってくるわけですが、生涯年収で考えた場合やお金では計れない待遇があるといったことも十分考慮する必要があります。

 実例をもとに具体的に説明します。ある公立病院の例ですがこの病院では看護職に限らず医師や医療職、事務職といった全ての職で同じ地域の病院に比べ毎月の賃金は低めです。およそ20%は低いでしょうか。年数回の調整金でこの内一部は埋まりますがそれでも年収としては低いままです。しかし職員に対する福利厚生は非常に充実しており毎月の給与額に目をつむれば非常に働きやすい職場、というのが実際に働いている職員の率直な意見です。更に退職金制度もきちんと運用されますので一定期間以上勤務すれば仮に早期の退職であっても必ず退職金を受け取ることができます。
 この職場では働き易いがゆえ平均勤続年数も長く実際に支払われる退職金も多めになっています。

 少し考えるとこれとは逆のスタイルになる職場もある事がわかるはずです。毎月の給与や賞与が非常に良いため一年間の収入だけを見れば非常にいい職場なのです。しかし果たして前例の公立病院のように長く働ける環境にあるかどうかは疑問といったケースです。もちろんはじめから短期で働くつもりなら差しさわりはないかもしれませんが。

 質問の前提が「同じような業務内容で」となっていますので、もし自分で転職先の年収予測を立てた際大きくアップしているとすればこのような仕組みがある事を考えてみてください。
 
 この他にも専門、認定看護師といった資格を目指すなどステップアップを図る転職があります。
 上を目指すという事は労力を要すものの結果がすぐについてくるとは限りません。しかし努力を続けることで収入アップをはじめ結果は必ずあとからついてくるという点を理解しておいてください。

転職先を選ぶ材料は職場環境にある

看護師免許は一度取得すれば一生涯有効なので、ずっと働き続けることが出来ますが、一般的な平均勤続年数は6年となっています。しかし、中にはせっかく看護師として働き始めたにも関わらず、わずか1年足らずで辞めてしまう、転職を希望するという方もいるようです。その理由の多くが職場環境となっているのです。

思っていたよりも長い時間拘束される、思うように休みが取れないといった理由が多いのですが、これは現在の看護師不足を進行させる原因にもなっています。

看護師が職場環境に悩み、現在の職場を離れる一方で、看護師不足が進行している病院やクリニックも多くあるので、転職を希望すれば、ある程度自分の条件に合った場所を見つけることが出来ます。

転職を希望する際には自分が何のために転職するのか、どういった条件を求めているのかを明確にしておくようにしましょう。実際に転職する方の条件として最も多いのは、給与や手当となっています。次に勤務時間で、通勤時間なども考慮されているようです。

転職を希望する方の中には看護師として更なるスキルアップをしてからという方もいます。例えば今まで准看護師として働いていたけれど、国家試験に受かり正看護師としての免許を取得したので、今の職場よりもより条件のよい職場に移るといった感じです。

最近では看護師の転職率の多さから、専門の転職支援サイトが立ち上がっているので転職を希望する時には利用してみると良いでしょう。自分の条件に合わせて検索が出来たり、面接の支援や、専門のコンサルタントが様々な相談に乗ってくれるシステムとなっています。

面接に行く際には自分の希望条件を明確に伝え、相手にはっきりと意思表示をしておくことが重要になります。意思表示をしておかないと職場環境を変えようと思って転職したのに前と同じ環境だったということになりかねないからです。

しっかりとした意思で転職を成功させ、看護師としての新たな一歩を成功させましょう。

コールセンターや訪問介護など病院やクリニックの他の転職先と職場

看護師の職場として一番多いのはやはり病院だと思います。その次がクリニックや施設、企業といった順番になると思いますが、その他にも看護師の職場は存在しています。勤務先は限定されていると考えている方も多いと思いますが、意外と幅広いです。

例えば健康診断のコールセンターなどがあります。ちょっと熱があるけれど病院に行った方が良いのかとか、こんな症状の時にはどんなことをすればよいのかなど日常的な健康上の疑問や相談に答えてくれます。ちょっとしたケガや病気の時に病院に行くのは面倒なので、コールセンターを利用する方は意外と多いのです。

看護師は医療の知識を持っているので医療行為を行うことは出来ませんが、相談に乗ることは出来るのです。もちろん重傷の場合には病院に行くように勧めることも出来ます。コールセンターなので電話やインターネットのみの対応となり、毎日出勤する必要もありません。週に2,3回だけ働きたいとか、平日の昼間のみ働きたいなど考えている方にはよい転職先だと言えます。また、職場の人間関係で悩んでいた方にはコールセンターの場合には人と接することもあまりないのでお勧めです。

その他の転職先としては、訪問介護の仕事があります。自宅介護の方の家を訪問し、適切な医療行為を行うといった仕事内容になります。訪問介護を行う看護師は病院などに所属していて、そこから派遣されていくといった感じになります。医療行為を行いますが、もちろん医師の診断の元行われているので、安心です。看護師が医療行為を行うには必ず医師の許可が必要となるので、この点は注意しておきましょう。

訪問介護の場合はある程度臨床経験を積んでおかないと雇ってもらえないという場合があります。相手は高齢者や障害者になるので、看護する側としても大変な作業になりますし、介護福祉士や家族との連携も必要となるでしょう。ある程度コミュニケーション能力のある方が向いていると言えます。

現在は看護師不足が深刻化しているので、看護師という免許を一度取得しておけば生涯に渡って転職先には困らないとも言えます。転職を希望しているのであれば自分の条件を明確に相手に伝えるようにしましょう。

苦手な医療行為があるけど転職できる?

どんな方でも、得意不得意があります。それは看護師の方でも例外ではありません。
看護師だからといって全ての業務を完璧にこなせるというのは、とても難しいことではないでしょうか。
科目によってもやる事が違いますし、勤務した医療機関によっても業務は大きく変わります。
中には、ずっと特殊病棟勤務だったので、採血や点滴などの基本業務が苦手かも…という方もいらっしゃるでしょう。

実際、採血や点滴が苦手な人は看護師になる事ができないのでしょうか。確かに基本業務ではありますが、苦手だからといって勤務できないという事はありません。
医療業務の中で、看護技術が必要なものは採血や点滴だけではありません。
それを必要としない特殊病棟でも看護師の需要はありますし、そういった職場で活躍している看護師の方も多くいらっしゃいます。
一言で看護師といってもその業務は幅広く、長所を活かした適材適所での業務も可能なのです。

採血や点滴は経験で向上していくものです。
技術が上達する早さには個人差がありますし、前述の通りやはり得意不得意があります。しかし、それが転職や就職の際にマイナスになる事はあまりありません。ですので、それを理由に復職や転職をためらっているのであれば、それは徒労ですので悩まない方が良いです。
転職や就職の際は、「何ができないのか」ではなく「何ができるのか」を考えて職場を探し、面接などの際にもそれをアピールするようにしましょう。

自分が看護師として何をしたいのか、何を優先して働きたいのかというように、ポジティブな意識で転職などを考えることが大切です。
「採血や点滴ができないから、それがない職場に行きたい」という意識ではなく「次の職場では何をしたい」という意識が重要なのです。

自分が看護師としてできる事を考え、それ活かせる職場を探すこと。
短所を補うよりも、長所を活かした方が自分としても職場としても良い方向に進みます。

採血や点滴が苦手だという看護師の方は実は結構いるのです。
そういう方は、なるべくそういう業務を行わないような職場を探し、そこで長所を活かして働くのが一番でしょう。

経験が浅くても転職はできる?

看護師として仕事を始めたにも関わらず、色々な理由で経験がまだ浅いうちに辞めざるをえなくなってしまった方もいらっしゃるでしょう。
結婚して子供が出来たので辞めざるを得なくなってしまった、旦那様の転勤が決まり遠方に引っ越す事になった、人間関係が思ったよりもひどかったなどなど、その理由は様々かと思います。

しかし看護師として転職をするにしても、まだ経験も浅く、次の職場で受け入れてくれるか、そもそも新しい職場が見つかるかというのが不安になってしまいます。

確かに転職ということで考えた場合、その人の持っている経験値は自己アピールをする上で大きな武器になります。経験がある方の方が、転職がしやすいという事もあるかもしれません。
でも考えてみてください。初めて就職した時は、経験すら無かったはずですよね。就職というとことだけで考えた時、それは必ず必要なことではないということです。

医療技術というのはどんどんと進化していますので、現場を離れていた期間で大きく変っている内容ももちろんあります。ですので、新人であっても長年看護師として勤務されていた方でも、一度現場を離れてしまったらあまり条件は変わらないとも言えるかもしれません。
看護師復職支援プログラムを組んで再就職の支援を行っているところも多くありますので、そうしたサービスを利用して、現場を離れていたブランクを埋める事もできます。

看護業界は常に人材が必要とされている分野であり、看護師という資格があれば一生働くことができる業界でもあります。
その資格を活かすためにも、経験が浅い事などは気にせず、自分が働きたいと思った職場にはどんどんアポイントを取ってみましょう。看護師の人材不足が社会問題になっている今では、経験が浅くても間違いなく就職先は見つかるはずです。

また、人材紹介会社を利用する事もオススメします。
看護師専門の人材紹介会社もあり、そうした所では個人の条件に合わせた職場を紹介してくれます。ですので、自分が経験が浅いという事を伝えておけば、経験が浅くとも入職できる職場をちゃんと紹介してくれるのです。
他にも「日勤のみで夜勤無し」や「職場の雰囲気がいい」など、色々な希望を指定する事ができますので、前の職場を辞めてしまった理由を考え、次の職場探しの時はそうならないようしっかりと条件を伝える事が大切です。

看護師業界は引く手数多な業界です。
無理をして今の職場を続けるのではなく、自分のためにも新しい職場で心機一転してみてはいかがでしょうか。

転職・退職の意思は早めに伝える

看護師として勤務している今の職場を退職や転職する時、どのタイミングで退職の意思を伝えれば良いのでしょう。

普通の会社でも退社の意思を伝えるのは最低限1か月前までにというのが常識になっています。一般的に言うなら、業務の引き継ぎやその他の手続きなどがありますし、お世話になった職場にも都合というものがあります。

職場側からすれば、3か月前には伝えてもらえると助かるそうです。引継ぎや配置転換の都合もつけられますし、新しい人を雇うとしてもちょうど入れ替わりで入ってもらうことができます。

ただ、人材不足でありながら仕事が山ほどあるのが看護師です。
職場によっては、スムーズに辞めさせてもらえない場合もあるかもしれません。
しかし、一度転職すると決めたならはっきりと意思を伝えるようにしましょう。看護師の仕事は集中力がとても重要になります。辞めたいのに続けるといった状態や、転職を考えながら業務を行っている状態は、もしかすると医療ミスを引き起こしてしまうかもしれません。
患者の方の命を預かる仕事ですから、仕事に対するモチュベーションはとても大切になります。

資格を取るために学校に通うとか、次の就職先が決まっているとか、次の予定が決まっていることを伝えてしまうのが一番です。職場としても、次の予定があるのに引きとめるような事は、よほどの事がない限りしないでしょう。

また理由としては過重労働だとか、勤務体制に対する不満、給料への不満、人間関係がうまくいってないなど、マイナスの要因で辞めるという事ではなく、職場には満足しているが自分のキャリアアップのため他で学びたいとか、専門的なことを身につけたいなど、プラスの要因を掲げるのが良いと思われます。

お互いのためにも、退職の意思は早めに伝えることが一番です。どちらにも準備が必要ですし、急に言われてしまっては対応もかなり大変になってしまいます。
間違っても「今日で辞めます」といったような、急な退職の申し出はさけるようにしましょう。

退職の意思を伝えたのにやめさせてくれない場合はどうすればいいのか

次の転職先が決まっているのに辞められないようでは困りますね。職場の事情も色々あるかと思いますが退職にあたっては円満に事を進めたいものです。

 さて、退職の意志はいつぐらいに伝えたのでしょうか。都市部の大手病院などでは看護師の出入りも多く採用も積極的かつ応募者も多いのが現実だと思います。しかし地方では中々長く働いてくれる方の看護師採用は思うようにいかないのが現実ではないでしょうか。

 質問者の方がどのようなケースに当てはまるのかは不明ですが、職場側は求人自体をきちんとかけるなり、あるいは他の方法で人員が抜けた後の対策は行ってくれているのでしょうか。
 また、質問者自身の状況はどうでしょう。次の転職先でいつから働くといったことが決まっているのでしょうか。
 仮に転職先での就業開始日が決まっていたとしても、その前に休暇をとってやっておきたいことなどもあるのではないでしょうか。
 
 まずはいつ辞める、辞めたいという事だけでなく自分の今後のスケジュールをきちんと職場側に理解してもらうことです。その上でいつまでなら勤務可能かを伝え、退職にむけての準備を始めてください。当たり前の事に聞こえるかもしれませんがただ辞める、辞めたいでは周りが真剣に動いてくれないことがあります。
 退職の意を伝えるのは一か月前といわれますがこれは最低でも一カ月ということです。諸事情により難しい場合も考えられますがなるべく早目に伝えるべきです。自分に準備があるように職場側にも準備があります。
 退職の準備にあたり、これらの事をきちんと配慮することで、普通であれば職場側でもきちんと動いてくれます。

 退職後新しい職場で働くようになっても、今までの人脈はとても大切な財産です。その意味からも、円満退職できるよう転職準備を進めていくことは非常に大切です。

在職中でも転職活動はしても良い?

看護師として転職を考えている方の中には、現在在職中で転職をしたいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、在職中でも就職活動を行っていいのかというお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

在職中でも活動は行って構いません。むしろ、転職を考えているなら在職中から行っておく方が良いでしょう。
もし転職先も決まらないうちに現在の職場を辞めてしまったら、次の仕事が決まるまでの収入が不安になってしまいますし、もし長い間仕事が決まらなかった場合、ブランクがあると判断されてしまう場合もあるからです。

在職中の方が転職活動を行うのに一番良いのは、看護師専門の人材紹介会社を利用する事です。
紹介会社に登録をして自分の希望条件を伝えておくだけで、その条件にあった職場を探して提案をしてくれます。さらに面接日時のセッティングや転職先への条件交渉代行など、転職に関して全てをサポートしてくれるので、在職中で時間があまり無いという方でも転職活動を行うことができます。

また、転職は勤続年数などは特に関係ありません。
新人の方でも転職を考える方はいますし、実際に転職される方も多くいらっしゃいます。
自分の看護師としてのキャリアプランを考えて、専門的な科目に転職をする方もいますし、逆に休みなどをしっかり取れる、プライベートを優先できる職場に転職される方もいます。
最近では「勤続年数1年未満でも可」という条件の職場も多くなってきていますので、新人看護師の方の転職も以前よりは容易になってきているといえます。

中には、転職はしたけれど条件と違ったからまたすぐに転職したい、という方もいるかもしれません。
職場が決めた使用期間中(平均は3ヶ月前後)は転職する事は難しいですが、それを過ぎれば転職は可能です。職場の雰囲気や同僚など、実際に働いてみないとわからない事はたくさんありますし、もしそれが自分の希望と違った場合は転職を考えても良いと思います。次の転職先で、なぜ短期間で辞めたのか聞かれた時にきちんとした理由があるならば、転職に不利にはならないでしょう。次の職場でもまたすぐに転職…という事にならないように、しっかりと自分の希望条件を確認して、その希望を基に慎重に探すようにしないといけません。

看護師の転職率は比較的高い傾向にあります。もっと良い職場をと考える看護師の方と、もっと人材をと考える医療施設双方の考えが、積極的な看護師の転職を後押ししているのかもしれません。

転職サイトに登録した後、自分でも就職活動してもOK?

看護師への就職や転職を考えたとき、人材紹介会社へ登録する事はとても有効な手段だといえます。様々な地域の求人や、非公開求人など、自分では探せないような求人情報を紹介してもらうことができます。
しかし、あくまでもその会社に登録している職場だけしか紹介される事はありませんので、もっといい求人があるのではと心配になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、地元の小規模医療施設などの場合、全国展開している人材紹介会社よりも、地域のハローワークや求人誌の方が情報を見つける可能性が高いと言えます。また、医療施設が自らのホームページで直接求人を行っている場合もあります。

そうした所に就職したい場合は、人材紹介会社に登録していたとしても、独自にも就職活動をしたいと考えるかと思います。

結果だけ言えば、人材紹介会社へ登録をしたとしても、独自に就職活動を行っても問題はありません。人材登録会社に登録したからといって、必ずそこの紹介を受けなくてはいけないという事はなく、もし紹介されたとしてもその職場に行くかどうかは任意であり強制ではありません。
また、複数の人材紹介会社に登録することも問題ありません。その場合は、より多くの紹介を得て選択肢を広げることができますし、複数の紹介会社の支援サービスを受けることができるので、有利に進むかもしれません。

就職をするのはあくまでも自分であって、人材紹介会社ではないという事を忘れないようにしないといけません。
人材紹介会社は看護師の就職活動にとって大変力強い味方ではありますが、そこに頼り切って安心してしまうと、せっかくある絶好の求人情報を逃してしまうかもしれません。また、人材紹介会社の様々なサービスを受けていると、会社の紹介ではない職場への就職に気が引けてしまうという方がいらっしゃるかもしれません。

人材紹介会社への登録は、より良い職場を見つける可能性を広げるための目的であるという事を忘れずに、自分でもしっかりと活動を行わなくてはなりません。

派遣会社で派遣社員として登録している方の場合、待機期間中であれば就職活動をしても問題はないでしょう。
ですが、もし派遣されている契約期間中に他の職場への就職のために退職することになってしまったら、契約違反に問われる場合もあります。
派遣会社を利用されている方は、今後派遣先の予定が無い事を確認してから行うようにすることが大切です。

転職サイトの利用は無料?

看護師専門の転職サイトや求人サイトは数多くあります。
こうしたサイトは、ほとんどが完全に無料で利用する事ができ、情報を閲覧するのに利用料が発生するということはありません。
また、専任のコンサルタントがついてくれるサイトもありますが、相談、カウンセリング、求人の紹介、面接、職場見学など、どのような場面においても費用が発生することはありません全て無料で利用することができるのです。

看護師業界だけでなく、一般的な転職サイトや求人サイトなどでも利用料金は無料であることが通常になっています。
こうした所はどうやって収益を上げているのかというと、採用者側(病院・企業側)から料金をもらって運営をしているのです。
採用者側が払う費用には、主に二種類あり、ひとつはサイトに求人情報を掲載してもらうために支払う広告料金です。新聞に折り込みチラシを入れたり、テレビCMなどと同じように、広告としての一定の掲載料金を支払うシステムです。こうしたものは「期間保障」と呼ばれ、1ヵ月で○○円や1週間○○円と一定期間でいくらと設定されており、その金額を支払えばその期間だけ掲載されるという形になります

そしてもうひとつのパターンが、採用が決まった際に支払う手数料です。
看護師転職サイトの場合は大体がこの形式を取っており、サイトで紹介した看護師の採用が決まった場合、病院側からサイトへ手数料が支払われるという形です。ほとんどの看護師転職サイトでは、紹介料でサイトを運営している、と記載されています。
なお、この紹介料金が安ければ安いほど、病院・医療施設側としては少ない採用コストで人員を採用できることになります。そのため、紹介料金の安さが採用の決め手になることもあります。

利用者からすれば特に関係無い話かもしれませんが、無料と銘打っておきながら実は利用料が発生するといったようなサイトも存在しているので、サイトを利用する前にそのサイトがどのような運営を行っているのか、登録をする前に確認しておく事が重要になります。

転職サイトは登録しないと使えない?

看護師の転職サイトを利用しようとすると、大抵のサイトが会員登録をしないと情報の詳細を閲覧することができません。
他の転職サイトの場合、会員登録を求められるというのは稀ですが、なぜ看護師サイトでは会員登録が必要なのでしょうか。

会員登録をする場合、住所や電話番号などの個人情報の記入が必要となるため抵抗があるという方もいらっしゃるかと思います。登録をしなくとも、簡単な情報の閲覧はできます。しかし、様々なメリットを考えるのならば、会員登録をした方が良いと言えるでしょう。
会員登録をすることで料金を請求されることなどありませんし退会も自由にできるので、転職サイトの全てのサービスや機能を利用したいのならば、会員登録した方がお得です。

会員登録をするとサイトの全てのサービスが利用できるだけでなく、新着の求人情報やお勧めの求人情報がメールで送られてくる機能も利用できるので。わざわざ自分で探さなくても、新しい求人情報をチェックすることができます。配信される情報の条件も自分で設定できるので、「日勤のみ」や「残業無し」などの条件の求人情報をいち早く受け取ることができるのです。
またサイトによっては「スカウトメール」という機能があり、経歴や希望に基づいた求人案件のスカウトメールを受けることができるます。自分が登録した情報を採用側が見て、採用側から連絡をしてきてくれるのです。

また、選任ののコンサルタントがついてくれるというのも大きなメリットとなるでしょう。
就職活動のサポートを行ってくれるので、希望の条件さえ伝えておけば代わりに情報を探してくれたり、面接日時のセッティング、採用側との条件交渉の代行など、様々な手助けをして就職を有利にしてくれるのです。
就職に関する悩みの相談などもできますし、履歴書の書き方や面接のポイントなどもレクチャーしてくれるので、初めての就職や転職でも安心して行うことができます。

会員登録する事のデメリットは無いと言っても過言ではありませんので、気になる情報が掲載されている転職サイトを見つけたら、まずは会員登録してみてはいかがでしょうか。

看護師転職サイトのメリット・デメリット

看護師専門の転職サイトを活用する場合、メリットが数多くあります。

まず第一に、無料で手軽に転職活動を行えるということです。
ほとんどの看護師転職サイトは利用者から料金を取る事はなく、病院からの紹介料で運営を行っています。また、ネットから利用ができるので、在職中であっても空いた時間に気軽に転職活動を行うことができるのです。

また担当のコンサルタントがついてくれるというのもメリットの一つでしょう。
医療業界に精通しているプロのコンサルタントが、職場の雰囲気や離職率などの様々な情報を提供してくれたり、自分の希望など諸条件も踏まえた上でのアドバイスをくれるので、自分の希望通りの職場を探すことができます。
有利な履歴書の書き方や、面接時の注意点など、色々なアドバイスをもらうことができますし、給与や待遇の交渉など、自分では言いにくい内容を面接先と代行で交渉してくれます。希望に合った求人を探や、面接日時の決定もコンサルタントが代行してくれるので、在職中でも効率的な転職活動をすることができます。

その他、全国数万件ある大量の求人情報や、非公開求人を探す事ができるのも一つのメリットです。
近年では、求人雑誌や広告より求人サイトや転職サイトに情報を掲載する病院が増えてきています。また多くの条件を指定して一括検索できるので、紙媒体の求人雑誌には無い利便性があります。多くの求人情報から検索できるというのは、自分の希望に合った職場を見つける確率も高まるということになります。

しかし、看護師の転職サイトにデメリットが全く無いわけではありません。

その一つが、メリットでも上げたコンサルタントがつくことです。
良いコンサルタントの方に担当してもらえば問題はありませんが、そうではない方に担当されてしまうこともあるのです。転職サイトは病院からの紹介料で運営されているため、良い情報ばかりを掲載したり、希望と違う職場に強引に紹介されてしまう可能性もあります。コンサルタント任せにせずしっかりとコミュニケーションをとり、合わないと思ったら他の方に変えてもらうなど、自分からもアクションを起こすようにしましょう。

また、もう一つのデメリットとしては、直接応募の方に比べると不利になるという事です。
前述の通り、転職サイトは病院から紹介料をもらって運営しており、病院側からすれば転職サイト経由の看護師を採用した場合はお金を払わなければならないのです。そのため、もし同じタイミングで直接の応募者とサイト経由の応募者がいた場合、お金を払わなくて良い分直接応募の方が有利になってしまう可能性があります。

とはいえ、いずれにしてもメリットと比較すると、大きなデメリットとは言えません。
転職サイトや求人サイトを利用する際は、自分の希望通りの転職や就職が出来るよう、目的・条件をしっかり認識して提供される情報を見極め、最後は自分の意思でどうするか決めるようにしましょう。

看護師専門の転職サイト

看護師専門の転職サイトとは、人材を必要としている病院などの施設と、就職・転職を希望している看護師を結びつけてくれる、仲介業者のことをいいます。
転職サイトや、転職エージェントなどと呼ばれてもいます。

通常は特定の職種に特化した転職サイトというのはあまりありません。看護師や医師など、医療関係専門のサイトが、これだけ数があり利用者も多いというのは、かなり特殊な例であると言えるでしょう。

現在でも看護師専門の転職サイトは日々増え続けています。
数年前までは数えるほどしかなかったのですが、今では20も30ものサイトが運営しており、これからも増え続けることでしょう。看護師専門のサイトだけを運営している会社もあれば、大手の転職関連企業が新規に立ち上げて運営している所もあります。それだけ、看護師という職業は様々な分野から注目されてきているのです。

なぜこんなに看護師専門の看護師サイトが増えたかというと、昨今の看護師不足が大きく影響しています。
ニュースなどでも度々話題になっているのでご存知の方も多いかと思いますが、日本ではいま看護師不足が大きな社会問題になっているのです。看護職のなり手がいない、特定の人気科目にだけ人が集まってしまい科目ごとの人数の差が大きいなど、まさに慢性的な人員不足に陥っています。

その対策のために様々な医療機関で看護師の求人を出してはいますが、どれだけ看護師の需要が増えても新人看護師はいきなり増えてはくれません。看護師免許を取得するには一定期間が必要ですし、そもそも看護師を志望する人間の総数が減ってきているので、その対策も必要となってくるのです。
そこで多くの病院や医療施設が、他の施設から現役看護師を獲得しようと活動を始めたのです。給与を高額にしたり、働き方に自由度を持たせたりと、待遇を良くして転職希望者などの募集を始めました。
こうした時代の動きに加えて、パソコンや携帯が一般に普及したこともあり、インターネットでの求人活動が活発化。医療機関の求人は、以前は近隣地域への告知のみでしたが、ネットの普及によって全国各地から求人する事が可能になったのです。
こうした動きから、ネットで看護師の転職サイトをという動きが高まり、看護師専門の転職サイトが誕生。世相を反映してどんどん増えてきているのです。

また、企業での看護師求人も増えてきており、その募集情報提供の場としても看護師専門のサイトは利用されています。

看護師の方にとっては、自分のキャリアやライフスタイルに合わせた職場を数多くの求人情報から検索できる。募集側にとっては様々な場所から求人する事ができる。と、双方にとってメリットの多いのが、看護師専門の転職サイトなのです。