子供の夏休みなどに合わせて長期で休む事は可能?

看護師業界はまだまだ女性の多い世界ですので、子供を育てながら看護師の仕事をしているという方もたくさんいらっしゃるでしょう。
子供の年齢も、まだ保育園に通うような年齢という方から、高校生になったという方まで幅広くいるのではないでしょうか。

保育園児の場合は夏休みや冬休みのような長期休みはほとんどありませんが、幼稚園、小学生から高校までになると長期休みが存在します。
子供が長期休みの間でも看護師としての仕事は続いているので、子供は一人で留守番をすることになってしまいます。中学生や高校生であればそこまで神経質になる必要は無いかもしれませんが、小学生など子供が小さければ小さいほど留守番させるのは心配になってしまい、託児所などの預ける場所がなければ、看護師として冷静に業務を行うのは難しくなってしまうかもしれません。

ですが、実際に長期休みのある子供がいる方でも看護師として通常勤務をしている方はたくさんいます。
例えば、病院によっては託児所がある場合があります。こうした病院内の託児所は24時間年中無休なので、長期休みに関係無く子供を預けることが出来るのです。このシステムは、夜勤があったり残業があったりと不規則な仕事である看護師にとっては非常に助かるものではないでしょうか。

また、定期的にではなく不定期に看護師として働くという方法を取る方もいます。
ある程度子供が大きくなるまでは、パートやアルバイト、派遣看護師として働くという方法です。看護師としてのスキルは働いている間に磨くことが出来ますし、空いた時間を利用して専門的な勉強をしたりして、新たにキャリアアップを目指すこともできます。そうして資格を取る事で、より条件の良い職場に転職するという事も可能になるでしょう。

もちろん家族の協力が得られるのであれば、長期休みがあっても看護師として通常勤務をすることは可能です。
例えば祖父母を一緒に暮らしているとか、自営業なので常に自宅に誰かいるなどがあります。看護師という仕事ももちろん重要ではありますが、子供がいる方にとっては育児も重要な仕事の一つになります。親にとって子供というのはかけがえの無い存在ですし、なるべく子供に負担をかけてしまうことのないよう、色々な方法を模索することが重要になります。

親が看護師の場合、働く姿を見て子供も看護師を目指すという方がたくさんいらっしゃるようです。
育児をしながら看護師の仕事をするのは、そういった子供の教育面においても実は良い影響を与えることになるので、せっかく苦労して取った資格を諦めることなく、両立ができるよう頑張って下さい。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ