妊婦であっても働くことは可能

現在看護師として働いている方の中には、結婚をして妊娠する方もいるのではないでしょうか。
妊娠してすぐに離職する方もいらっしゃいますが、看護師の方の場合は出産直前まで働き続けるという方が多いようです。

妊娠している看護師の方の場合は注意しなければならない点があります。
まず自分の健康状態。看護師は1日中立ち仕事のため、かなり身体に負担となります。妊娠している身なら尚更です。また、人の命に関わる仕事をしているため、肉体面だけでなく精神面でも重労働であると言えるでしょう。日勤だけではなく夜勤や残業になることもありますし、休憩もほとんど取れないような時もあります。
特に妊娠初期は身体を安静にすることが重要です。流産になってしまわないように、体調管理は自分でしっかりと行っておきましょう。妊娠したことを上司などに告げ、職場の理解を得ることも重要です。妊娠した事で不利益をこうむるかもしれないと、内緒にして働き続けるのはもっての他です。自分のため、同僚のため、患者のため、なにより生まれてくる子供のために、必ず妊娠したことは職場に伝えるようにしましょう。

妊娠ということに理解ある病院であれば交代勤務の無い科に配置換えを行ってくれることもありますし、申し出を行えば夜勤は免除となるように法律でも定められているので、まずは妊娠したことを職場に伝え、今後についてしっかりと話し合うようにしましょう。

しかし、職場の理解が得られなかった場合は注意しなければなりません。
看護師の職場は女性中心となっていますが、上司が男性の場合や、男性医師の個人診療所などの場合、男性は妊娠を経験することもないので理解が得られないことも多いようです。
申し出を行ったり、妊娠したことを伝えようとすると嫌な態度で受け取られることもあるので、理解が得られない場合は退職することを視野に入れた方が良いかも知れません。自分の身体と赤ちゃんのことを第一に考え、間違っても無理して仕事を続けることは無いように心がけましょう。

女性である以上、いずれ結婚や妊娠、出産することをお考えだと思います。
就職や転職する際、病院側に待遇の確認をしておくことも女性看護師の場合は重要だと言えます。出産すれば当分は育児に専念することになるので、産休制度があり、いずれまた復職することも可能なのかどうかという点について、職場にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

看護師の場合、常に医療という現場に身を置いていることになります。一般の職場よりも働く妊婦に対して理解を得やすい部分もあるので、まずは職場に確認をしてみましょう。妊婦であっても、出産ギリギリまで勤務することも可能なところもあります。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ