採血のコツと上達方法

採血のときに、血管がはっきり見える場合はやりやすいけれど、血管が見えづらいことや細いこともあって不安になるという方は多いのではないでしょうか?

場数をこなして慣れていくのがもっとも一般的な方法だとは思います。ただ、経験がまったくない状態で始めて、数を重ねていくまでが不安でつらい時期ですよね。できれば先輩看護師からコツなどを聞くとよいと思います。

ポイントとしては、腕全体の血管の走行を確認して、血管が確認できるところを探すということです。また、駆血帯がしっかりと巻かれているかどうかをチェックしてください。しっかり駆血できていなければ、当然ですが血管の位置がわかりづらくなります。

確度をつけすぎると深くなってしまうので、あまりつけずに浅くします。30度くらいが目安といわれています。刺した後に逆血を確認できたら、針先を動かさないように注意しながら採血していきます。なるべく太くて直線のようになっている弾力性のある血管を探して、針と血管を平行にします。

真空管採血の場合はスピッツを接続しないと逆血が確認できませんので、自身のない方は翼状針を選ぶとよいと思います。

しかしながら、どうしても患者さんによってはうまくいかないこともあるでしょう。何度も失敗するのは患者さんに悪いので、無理せず他の人に代わってもらうこともときには必要です。

先輩や同僚にアドバイスをもらいながら数をこなしていきましょう。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ