プリセプター、プリセプティーとは?

プリセプターとは、先輩看護師が後輩に教育指導するときの役割のことをいいます。逆に教えられる側の新人看護師をプリセプティーとよびます。通常1人の新人看護師に1人の先輩がついて指導します。
このような制度を総称して、プリセプターシップといいます。

プリセプティーが自立して職業人としてきちんとした仕事をできるようになるよう、プリセプターが現場で指導するのです。薬の投与や点滴などは患者さんの命にかかわる仕事ですので、ミスがないよう先輩が注意しつつ教えていきます。看護学校では実習でも人間を使って練習するようなことはないので、ゼロからプリセプティーは覚えていく必要があります。

また、プリセプターはプリセプティの指導や教育全般に関わりますが、プリセプティーの職場への慣れや精神面での支援を行なうことが大切です。

プリセプターとしての仕事に自信をもてない若手ナースもたくさんいるので、病院によってはプリセプターの相談役を設置しているところもあります。プリセプターだけが指導していると考えるのではなく、病院の関係者全員が教育、育成をしているという意識で取り組むべきでしょう。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ