カンファレンスとは何か?その方法と目的の変化

カンファレンスという言葉を一度くらいは耳にしたことがあると思います。テレビや雑誌でも度々登場する言葉ですが、医療業界でよく使われます。

カンファレンスの本来の意味は会議や協議会のことを指しています。ある一つのテーマを決め、それに沿ってその業界の人たちが話し合いをするといったイメージです。

問題が生じた時にその問題に対して意見交換や指摘を行う場でもあり、カンファレンスを行うには目的やテーマというものが必ず決まっている必要があるのです。

しかし、現代のカンファレンスは以前までとは少し趣向が変わってきているようです。以前まではただ話を聞くだけであったり、話すだけであったり、議論を交わすだけといった限定された行動しか行われていなかったのですが、最近ではその話の内容や議論を結果として結び付ける動きも行われているようなのです。

行動型のカンファレンスはその場1度限りに留まらず、1年など期間を延長して何度でもカンファレンスが開かれます。目的が達成されるまで開催されるのです。

この行動型のカンファレンスを一番最初に実行したのはアメリカのクリントン元大統領です。当時から行動派だっただけあってカンファレンスの場においても重要な位置を占めています。

現在、世界中に広まりつつある行動型カンファレンスですが、参加者は老若男女、人種を問わず様々です。世界中の人が一度に議論を交わすことによって今まで見えてこなかった世界規模の話が見えてくるようになるのです。

カンファレンスはその場に集まって議論を交わすだけでなく、メディアを通してであったり、最近ではインターネットを通してといった新しい形に変わってきているようです。

カンファレンスは私たちの身近でも常に行われていると言えます。その場に参加するだけでなく、今後はそれを結果として結び付けていけるような話し合いを持つことがカンファレンスの本当の意味として成り立ってくるのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

サイト内を検索する

サイトマップ