看護師はずっと続けられる職業


看護師になるためには、看護学校へ通い国家試験に合格して免許を取得しなければなりません。
コツコツと学び実習を受け、看護の技術を身につけてやっと就ける職業であり、国家試験を合格した方だけが取得できる、国家資格なのです。

そんな難関をクリアして看護師となったの方々の働いている姿を見ると、仕事に強い使命感とやりがいを持ち、生き生きと働いているように見えます。

患者の立場から見ると、こんな看護師の方に元気づけられることも多いですよね。
そんな看護師に憧れる方が多いのも、当然なのかもしれません。

今、日本は不況からなかなか抜け出せずにいます。

そんな中、こんな時代背景であっても、看護師への就職や転職のニーズは衰えることはありません。
人々が生きていく限り、医療現場が無くなることは無く、看護師としての仕事が無くなる事は無いからです。安定した雇用があり、いつの時代も求められる職業なのが看護師なのです。
そんな看護師ですから、一度職場を離れたとしても再就職先に困ることも無いでしょう。資格がある限り、一生仕事を続けて行くことができるのです。

病院へ行くと、若い新米の看護師の方やテキパキ動く中堅の看護師の方、年配のベテラン看護師の方と、様々な年代の方を見かけます。
看護師の仕事とは、それぞれの年代の長所や力量に応じて仕事がうまく分担されていて、どの年代でもそれぞれに応じた需要と働きやすい環境があるのです。

また看護師の需要は、いまや病院だけでなく介護や福祉業界にも広がっています。
高齢化社会になってきていることや、最近地震や災害が頻発していることから、看護師を望む声が絶えません。

ですが、これだけ需要があっても、看護師という仕事は大変だというイメージを皆さんはお持ちかもしれません。

確かに命を預かる責任のある職業であり、残業や深夜勤務がある事も事実です。
しかしその分、体力的に無理のある仕事を課すことは、重大な医療ミスに関わる可能性があるため、基本的には行わないよう各医療機関は徹底しています。
人の命を預かる大切な仕事であるからこそ、ミスの無いよう対策をしているのです。

仕事内容としては、医療行為に関して医師の指示のもとで行うもしくは補助する、といったことが基本業務になります。
寝たきりの患者さんの体を動かしたり、リハビリの補助で体を支えてあげたりと、重労働な部分もありますが、勤務先によっては看護助手さんがいらっしゃる所もありますので、そういった介護系のことに関しては看護助手さんが基本的に行ってくれます。
看護師が医師をサポートするように、看護助手は看護師のサポートしてくれる大切な存在なのです。ですが看護助手の方が存在していても患者さんとの毎日のやり取りがありますので、看護師にはコミュニケーション力が重要になります。もし何か患者さんから不調などの訴えがあった場合や、いつもと様子が違うというものを敏感に察知して、医師に伝えなければなりません。医師と患者さんを繋ぐ、重要な架け橋が看護師なのです。

大変なイメージが付きがちな看護師ですが、実はしっかりと福利厚生や待遇なども整備されており、本人のライフスタイルに合わせ無理の無い勤務ができるようになっているのです。

看護師は、一生を通じて長く働ける職業です。

一度別の職業に就いていたという方が、30代を過ぎてから看護師を目指して看護学校に入学するケースも多くなってきています。
できるだけ長く働きたい、世の中の役に立ちたいと願う人にとっては、とても魅力的な職業なのが看護師なのです。



更新情報